« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月31日 (日)

エキノドルス・サターン・ゴンサロ

春先に水中葉の状態で植え替えたサターンが気温の上昇と共に水上葉を展開してきました。鑑賞の上では、水中葉に数段劣る水上葉ですが、それが数を増すと結構見ごたえのある光景になって来ます。

P5310001_2        こちらが、エキノドルス・サターン・アラペイ

P5310002_2         これは、エキノドルス・サターン・ゴンサロ

この時期コケの発生が凄いので、掃除係としてヒメタニシに活躍してもらっており、子供のタニシも増えてきています。

P5310005_2水鉢の中をよく見ると少し変わった葉が・・・・・・・・。両株とも水中にシュートを出していました。 ここ数年、暖かくなる度にシュートの期待をしていましたが毎回残念な結果に・・・・。

やっとシュートが確認できました。 ウ レ シ イ です。

P5310011          ハッキリしないので水から出して撮影。

さあ、これから先、上手くいくかな?

* サターン・ゴンサロ、サターン・アラペイは僕個人の意見ですが、全く同じ種類だと思われます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月10日 (日)

熱帯睡蓮の植え替え

今日、熱帯睡蓮の植え替えを終了しました。

P5100003
一般的には、こんな早い時期に植え替えするのは危険ですが、我が家では根茎より少し葉が出た状態で、水温が比較的安定したこの時期に集中して植え替えを行っています。

メリットは根茎からまだ根が出ていなくて植え替えし易いのと、葉も小さい為、整理がしやすく手間が掛からないのが第一かな?

反面、小さな水中葉の為、水温の低下で葉を落とすことが有るので寒い地方にお住まいの方にはお勧めできません。

ようやく植え替えも完了したので、ゆっくり出来そうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月 5日 (火)

エキノドルスの庭木化

今回は、水中葉のエキノでは無く抽水のエキノでも無い完全に庭木と化したエキノを紹介します。

P5050001_2庭に植えて3年以上経った E.ペルキデゥスで、冬には葉を落とし、春には芽を出し、季節毎にそれぞれ違った成長を見せてくれる完全に順応のできた株です。夏にはシュートを出し大きく育ちます。

P5050002_2次が2年位経ち、ほぼ順応出来ている株です。これも夏には長いシュートを出し繁殖します。

P5050003_2反対に今年の春に植え込んでまだ順応が出来ていない株で、もう少し時間が掛かりそうです。乾燥に耐える為、大きな葉を出せず小さな厚めの葉でじっと耐えている様です。

P5050006_2次が、昨年の秋に試しに植木鉢に植え込んだエキノで、冬には葉を完全に枯らしじっと耐えてようやく葉を展開してきて、環境に合った空中葉を展開しています。むやみに大きくならず乾燥に適応した葉になっています。

エキノの庭木化は時間が掛かるものの、順応出来れば手間は掛からずに楽しめるのでお勧めです。

皆さんもどうですか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »