« 2013年12月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月26日 (水)

キンスゲクサガエル 卵

キンスゲクサガエルの卵が日々変化しています。

0224 産卵当日2月24日卵の中の黒い目玉のような部分がとても目立ちます。

K0226 産卵から三日目 2月26日 黒い部分が無くなり灰色の部分が増えています。

発生は順調の様なので、底床の赤玉土の産卵部分を除き撤去しケースを斜めにして飼育水を卵に掛からないよう注意して満たしました。

これで孵化したら水の中に自ら滑って入ってくれると思います。

今の所、カビに侵された卵は出ていませんが、注意して見守ります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月23日 (日)

キンスゲクサガエル(Hyperolius puncticulatus)の産卵

キンスゲクサガエルがようやく産卵しました。

140223_104302 数日前よりオスの鳴き声がククククククからキーキーキーと変わってきて体色も黒くなり注意はしていました。 普段よりスプレーの量を多くして底床の表面が濡れている状態を保っていたら突然の産卵で驚きました。

Getattachment1 無事孵化するかは判りませんが、プラケースの親を移動して軽くスプレーし湿度を保つ為、ラップでシールしました。 後は運を天に任せて祈るのみです。

携帯の画像で醜くてごめんなさい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年2月10日 (月)

プラトータイガーサラマンダー Ambystoma velasci

去年の10月の末に10センチ位で購入したプラトータイガーサラマンダーを紹介します。

Dscn1085 飼育開始当時は全面にミズゴケを敷き、めったに姿を見れない状態でしたが、徐々にメンテナンス重視のゲージにしています。

Dscn1087 今では大変慣れてピンセットから直にコオロギを食べてくれるので給餌がとても楽しく、個体の健康状態の確認も容易になりました。

現時点で体長17センチと両生類では驚異の成長でまだまだ大きくなり迫力も出て来ることでしょう。 まだ雌雄の判別は無理ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月 2日 (日)

イエアメガエル Litoria caerulea

今日はオタマジャクシから育てたイエアメガエルを紹介します。去年の10月30日にオタマジャクシを5匹買い1匹は脱走し行方不明、4匹が元気良く育っております。Dscn1063

変態後は1センチ位しかないので育つか不安でしたが、コオロギの2令を与え今では練り餌に餌付き、すくすく 育っております。

Dscn1081 やはり、オタマジャクシから育てるととても慣れてくれ練り餌にも飛びついて食べる様子がとても可愛く癒されます。

現在体長も5センチを超え食欲は半端じゃないくらいあるので、もっともっと 大きくなりそうです。 ブルーイエアメの子供ですが色はもっと育たないと確定しません。

今後はアクアテラリウムで多くの植物を植えて飼おうと考えておりますが、糞が多いので掃除し易い仕様にするか悩むところです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年3月 »