« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月24日 (日)

熱帯雨林再現

クーリングしたミツヅノコノハガエルを熱帯雨林の林床を再現したアクアテラリウムに移しました。Dscn0929

水槽は45センチキューブで底に軽石(鉢底石)を入れ赤玉土と腐葉土を混ぜたものを上層に敷きミズゴケと流木、シェルターを配置しました。

エキノは戸外で水分を抑えても育つように3カ月かけて慣らしたものです。

Dscn0950 早速、2匹は抱接をして1日中ラブラブです。朝晩にジョウロで雨を降らせたりして仕掛けておりますが産卵まではまだ長い道のりだと思いますが期待してしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月21日 (木)

ミナミイボイモリ Tylototriton shanjing

ミナミイボイモリをネットで見つけて買ってしまいました。Getattachment_2

中国雲南省等に分布する山地性陸生種で中国でも保護の対象になり入手が難しくなってきました。

クリクリとした目がとても可愛くてピンセットから直にエサを食べてくれます。

性別はオスなのでゆっくりメスを探して繁殖も視野に入れて大事に育てます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月15日 (金)

イベリアトゲイモリ Pleurodeles waltl

寒くなってきましたが、絶好調のイベリアトゲイモリを紹介します。Dscn0855

イベリアトゲイモリでもノーマルではなくてリューシスティック(白化個体)でとても綺麗です。こちらがメスの個体でおなかがふっくらしています。Dscn0856

こちらがオス個体で包接する為前足に抱きダコが出来尾も長く伸びます。Dscn0871

求愛行動はオスがメスの下に潜り込み前足でメスの前足をロックして担ぎ上げ泳ぎ廻ります。 春には期待が持てそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年11月 5日 (火)

こんなのもやっています。

自分の部屋には水槽1個のみと女房と約束したので増設は出来ませんが、プラケースなら良いんじゃないかと勝手に解釈して設置を決めました。 大好きなヨーロッパイモリです。Dscn0760_3

ダニューブクシイモリ (Triturus dobrogicus)  ヨーロッパに生息するヨーロッパイモリの仲間です。 繁殖シーズンになるとオスはクレストと言って櫛の様なひらひらが背中からしっぽにかけて伸びてきます。 こちらがメスの個体でオスより大きく育ちます。Dscn0765_2

オスの画像です。徐々にクレストが伸び始めて格好良くなってきています。 Dscn0813

寒さに強いので終日暖房していなくても大丈夫なのでとても経済的ですが、夏の暑さはチョット苦手です。 自分の部屋は北側なので夏涼しく冬はとても冷えますがダニューブにとって 管理さえ手を抜かなければ逞しく育ってくれると信じております。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »