« Cry.striolata ”Serian” | トップページ | 新東名開通さきどりウォーキング »

2011年12月 4日 (日)

モウセンゴケ Drosera rotundifolia

最近、静岡も寒くなってきましたので戸外のモウセンゴケの成長も鈍くなってきました。

Photo モウセンゴケ Drosera rotundifolia は毎年この時期になると冬芽を作って冬眠状態になるので、今年は早い時期に発泡スチロールにラップで蓋をした簡易温室の実験をしています。葉がまだ青々していて冬芽を作る気配が感じられません。ラップの為湿度も充分確保でき状態も良さそうです。

Mousenngoke Drosera rotundifolia のアップです。もう少し寒くなれば冬芽を作るかもしれませんが、もう暫らく様子を見てみます。

Tokai 続いて隣に同居しているのが トウカイコモウセンゴケ Drosera tokaiensis です。冬芽を作らず青い葉のままで越冬します。 今年の春に種子を蒔き大きくなり初めての越冬に挑戦します。

Fuyume  モウセンゴケの冬芽の写真も撮ってみましたが、良く分かりませんね・・・・。

モウセンゴケの仲間は他に シンセン、アフリカコモウセンゴケ、がありますが、耐寒性がない為、温室にて管理しているので次の機会に紹介します。 

|

« Cry.striolata ”Serian” | トップページ | 新東名開通さきどりウォーキング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111190/53400161

この記事へのトラックバック一覧です: モウセンゴケ Drosera rotundifolia:

« Cry.striolata ”Serian” | トップページ | 新東名開通さきどりウォーキング »