« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月23日 (日)

エキノドルス・サターン ナロー

最近、エキノ欲しい欲しい病にかかり、サターン・ナロー を買ってしまいました。

1_2 前々からサターンのシュート株が欲しくて多くのショップを漁っておりましたが、今回たまたま出合ってしまった為誘惑に勝てませんでした。 写真は相変らず下手ですが、中々優良株でしょう? サターンのナローリーフ との事でして何の知識も無いのに一目惚れ、葉のゴワゴワさと言い伸び伸び育った気配も感じ、慎重に植え替えして1週間経過した姿です。

ネットで「サターン・ナロー」を検索すると数件ヒットしましたので、あながち偽装でも無さそうかなと思っております。別に、サターンが特に好きで買ったのでは無いのでたとえサターンでなくても一向に構いません。気に入って買ったので後悔は決してしませんが・・・・・。 気合入れて大事に育てますが、決して甘やかしませんぞ。お外で仲間と一緒に仲良く育てます。一応栽培環境は4号ロングスリット鉢、底から長繊維ピートモス、鉄力アグリ、育土くん、マグアンプ少量、用土は今回試しに硬質赤玉土にしてみました。色々の用土を使って最適な環境を探っている最中です。

2_2 変わって、 E. レッドモザイクリーフ マナウス マナカプル産 が根詰まり状態なので時期は悪いけど植え替え決行しました。 ようやく落ち着き幅広のモザイク状の斑点のある葉が展開してきました。 

3 結構綺麗な葉っぱでしょ? E.スカベル,E.ペルキデゥス ほど背が高くならないので扱い易くて置く場所に困らないのも利点ですね。 

これからの寒い時期エキノ達の状況を観察しながら栽培していきますが、状況次第では屋内に退避する事も選択肢に入れて置こうと思っていますが、ギリギリまで辛抱します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月 8日 (土)

エキノドルス・オパクス三兄弟

新しい仲間が庭にデビューしました。

Img_1 エキノドルス・SP・オパクス インドネシア便 深緑系エキノはヴェルデに魅せられて始めまして、ようやく小株が分離出来る様になったのを機に屋内水槽から野外の水鉢に移しました。用土は睡蓮の残土に鉄力アグリとまるやま1号とピートモスを少量加えて様子を見ています。このオパクスインドネシア便は結構、成長が早い気がしますが、あくまで僕の感覚ですので他の人はもっと上手く栽培しているのかもしれませんが・・・・・。

Img_2_2 ヴェルデとインドネシア便に加えエキノドルス・オパクス・イボレも加わりオパクス三兄弟が仲良く鎮座しており成長を楽しみにしております。

イボレは大磯に植えてみてオパクスにとって最適な用土を探してみます。これから寒くなりますが、戸外で実験の意味でも過酷かなと思うけど挑戦してみます。

今年の戸外越冬エキノはE.アリコレア 、E. レッドモザイクリーフ マナウス マナカプル産、E.スカベル、E.ペルキデゥス、E.sp サンタフェロス、と豪華な顔ぶれになりました。果たして無事に越冬してくれるのでしょうか?  

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年10月 2日 (日)

ブルーベリーの植え替えと庭の手入れ

今年は暑い日が続いた為、ブルーベリーの状態があまり良くなくて来年に備えて少し時期は早いと思ったのですが植え替えをしました。

ラビットアイ系は成長が良く根も良くはっておりましたが、ハイブッシュ系は土が粘土状になっていて綺麗に洗い落として植え替えました。 最近静岡は毎夏暑い日が続くので栽培品種をラビットアイ系に絞った方が良いのかもしれません・・・・。単に栽培がヘタクソなのかもしれませんが・・・。(苦笑)

まだまだブルーベリーは剪定や栽培技術が上達しなくて困ったものです。

庭には園芸店で特価のナデシコを植えて整地して植木屋さんの作業は終わりです。

1_2 ゴマシオホシクサもようやく頭花を上げて見頃になってきましたが、放置ビオですので株が過密の為余り大きくなっておりません。何とか生存競争に勝った株が広葉を展開しているようです。 毎年足し水のみで一切、手を掛けておりませんが可憐な花を見せてくれ結構楽しみにしております。

2_5 3_2    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »