« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月27日 (月)

彼岸花が咲きました。

急に寒くなりました静岡ですが、お彼岸には定番の彼岸花(リコリス)が咲いてくれました。

Img_3931 つい先日まで草ぼうぼうの庭でしたが草取りに精を出したご褒美か綺麗に咲いてくれたようです。我が家の庭では予想以上にアヤメが勢力を伸ばして、どんどん広がってリコリスには少し日照不足かな?と考えていた矢先の開花ですので良かったです。

Img_3932 毎年秋に咲くリコリスも今年は”真夏のクリスマス”が最初に咲き、白花彼岸花(アルビフローラ)、 彼岸花、の3種類しか咲いていません。暑さの影響で開花が遅くなったか鉢が一杯になって咲かないのか判りませんが、来年には株分けしないと駄目かもしれません。

睡蓮関係ではムカゴ種、温帯種とも順調に咲き続けてくれましたが熱帯夜咲き種は”ナカス”以外は蕾が出ても暑さの為腐ってしまいました。この件では株と水面の水深が確保できなかった為、水面の温度が猛暑の為異常に上がり失敗したと考えられるので来年は八号の浅鉢で水深を稼ごうと思っています。

熱帯種は、もう休眠の兆候が見えてきた種も多数見受けられ例年以上の早さですので、寒い冬がやってきそうな予感がしています。皆様、そろそろ越冬の準備が必要になるかもです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月20日 (月)

クリプトの花2種

今日は、放置気味のヨーロピアン水槽をセットし直しに温室に行ってきました。暑さが和らいだのが幸いして我が家では初めて咲いた2種のクリプトを携帯の画像ですが撮ってきました。

Ma350006 最初のが Cry.minima ”Batu Kruau” でかなりの古参株でして、大きくなるものの花が咲きませんでした。春先に植え替えして暑い夏を乗り越えようやく開花しました。

Ma350004 2番目がCry.bangkaensis ”banten東forest” 

これも長く維持しているのですが、調子が出ないで忘れた存在で数年が経っており突然の開花でチョッピリ嬉しいです。

クリプトはこれからも維持していくつもりでおりますが、好きな種類に絞ってヨーロピアンスタイルを基本にしてクリプトの特徴を表現出来るよう努力したいと考えております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月18日 (土)

エキノドルス・アリコレア

ようやく朝夕は涼しくなってきましたね。

1 今年のエキノの栽培はアリコレアだけでしたが元気に育ってシュートが出て花も咲き、暑さのせいかバッタの食害も少なく満足な結果となりました。

2 シュートから出た葉が大きくなってきたのでこの後切り離して3号鉢に植えてみました。根は出ていなくて大丈夫かしら?  枯れてはいないけど・・・・。 エキノの野外栽培も手が掛からずお気軽に楽しめますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月12日 (日)

今年のホシクサ達

毎年放置のホシクサ達ですが、花穂が出てきました。

1 ホシクサ(E. cinereum )も完全放置状態で既に3年目に突入しています。種を蒔くわけでもなくこぼれ種のみで毎年発芽して更新しています。難しい植物かと思っておりましたが意外と簡単に世代交代を繰り返してくれ毎年楽しませて貰っています。

2 種が沢山発芽して芝生状態の容器では余り大きくならずに花穂が上がってきています。来年は間引かないと駄目になってしまいそうですね。

3 ゴマシオホシクサ(E. senile )も放置状態で育てておりますが、結構丈夫のようでこの暑さの中順調に育っております。こちらは初期に間引きして大きく育て種を採る目的のものでもうすぐ花穂が上がってくる事でしょう。

4 発芽して過密状態で育っている鉢はやはり大きくなっておりません・・・・・。何センチぐらいでの移植が最適か判らずズルズルと手を入れずに育ってしまって手が付けられない状態です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »