« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月30日 (土)

Cry.elliptica ”Kulim”

Cry.elliptica ”Kulim” が咲きました。

1

ヨーロピアン仕様では良く咲いていたようですが撮影の機会に恵まれませんでした。日頃の行いが悪かったのかもしれません・・・・・・・・。

2

チョットピントが甘いです。エリプチカは、ご存知のように葉っぱ1枚から増殖出来るのでアッと言う間に安くなってしまいましたが、丈夫、溶けない、水質選ばない等、初心者でも容易に育成できるクリプトの優等生ですね!

我が家でも葉っぱ1枚から数十株にまで殖えています。葉柄も短く、葉数も多く見応えがあります。水質はやはり、酸性の時の生育が良いようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月24日 (日)

Cry.sp Gn Panti2 KOTA TINGGI 開花! 

Cry.sp Gn Panti2 KOTA TINGGI 開花しました。

1 意外や意外・・・・・。

なぜ?コルダータなの??

我が家の株は斑入りコルダータで確定ですね!

入荷時のインボイスは上記に間違いないので仕方ありませんが、コルダータと思って買った方は何人いたのでしょうか? ピンクの花か赤い花が咲くと思っていたのになぜ? 購入当時エスコタは既に愛好家の間ではどんな花が咲くか分っている筈なのに・・・・・。

2_2 このヨーロピアン仕様の水槽にはこの種しか植えていないので他から混入したとは考えられませんので、少なくとも我が家の個体はコルダータと確定です。

花が咲くまで想像さえしていない種だった為、唖然としてしまいました。

チューブが25センチもありとても綺麗な花で、虎斑の葉もとても特徴のあるコルダータですので自分自身はこれで納得はしていますが、複雑な気がします。

3

水槽一面にランナーが広がり状態も良く虎斑も見事です。

この種を買われた方は情報をお寄せ下さい。

今後、この種はCry. cordata Gn Panti2 KOTA TINGGI  と表示します。  

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年1月23日 (土)

Cry.yujii ”Jikan” ロザエネルビス

Cry.yujii ”Jikan” の新葉がロザエネルビスタイプになりました。

Img_3646_2 なぜ? ロザエネルビスになったのかは同定出来ませんが、これも綺麗で納得です。緑の虎斑の葉が現地葉で新葉が全てこのようになってます。

ユウジイのロザエはあまり聞きませんので珍しいかもしれません。

ヨーロピアン仕様で肥料は多めにして鉄分も多めに入れてます。水槽は30センチサイコロ水槽で育成しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月16日 (土)

Cry.cf.nurii ”Pulau Bulan” 咲きました。

Cry.cf.nurii ”Pulau Bulan” がやっと咲きました。咲いて数日経っていてもう最後の姿ですが、花を確認出来てラッキーでした。

Img_3635 ヌーリイ?の花は我が家では初めてなので見る限りでは正解かな?何て思っていますが、一度導入したからには維持に努めます。

Img_3639_2

後方より撮ってみました。

花の色は実物より赤く写っていますが、もっと茶に近いです。

Img_3642_2 最後に上方から撮りました。初めての花は良いものですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 9日 (土)

Cry.striolata ”Sg.bintangor”上流

今日はcfヌーリーの花を撮影しに温室に向かったのですが、まだ咲いていませんでした。本当にヌーリーかな? シュルツィの様な気もするので、チョット気になってます。

折角、カメラを持っていったのでストリオでも撮ってみました。

Cry.striolata ”Sg.bintangor”上流    種蒔きして2年以上経過しています。

1 成長は遅いですがようやく虎斑の葉を展開してきました。

蛍光灯が写り込んでいますがご愛嬌です!

水深は10センチも無いですが水面葉を見たくて育成中は30センチにしていましたが、徐々に落としてみました。

若干の苔の付着は見られるものの順調な生育してます。

前面にアフィニス(カロン産)を植えていますが、ランナーも出て殖えてきました。

水槽環境: 45cmサイコロ水槽、フィルター無し、換水は調子を見て少量、底床は芝の目土、長繊維ピートモス、培養土、マグアンプK、丸山1号(固形肥料)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 6日 (水)

Cry.cf.nurii ”Pulau Bulan”

Cry.cf.nurii ”Pulau Bulan” に花芽が上がってきました。

1 ヌーリイは好きなのに導入時期を外していて昨年の6月中旬ようやく購入しました。この株もミニヨーロピアン仕様で購入当時から現在まで溶けずにランナーも延ばしています。 従って我が家では初めての開花になります。温室の中で自然光に任せて育成しているので光の方向に傾いてしまっていますが、ようやく形の良い葉が展開してきました。多分花が咲くのに出会えそうも無いので早めに撮影してみました。

2撮影は相変わらず下手くそでピントも合っていませんね・・・・・・。

雰囲気だけ感じてください。やはり、初めて見る花は嬉しいもので期待してしまいます。チューブが短い種が咲くのは久し振りですので何かいい感じです。

週末に見られたら最高ですが、中々タイミングが合わない事が多いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 4日 (月)

Cry. purpurea Post Iskandar Tasek Bera utara

Cry. purpurea Post Iskandar Tasek Bera utara  綺麗に咲きました。

3_2 今回からは勝手にcfを取りpurpurea にしています。

葉柄の長い水中葉らしき株をヨーロピアン仕様で植え付け、水槽環境に適合した艶のある伸びやかな葉を展開し葉柄も短くコンパクトに仕上がりました。

4水槽中を縦横にランナーが駆け巡って良い感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 1日 (金)

Cry.decus-silvae

Cry.decus-silvae って一体何者? プルプレアの一種? まさか! あるかも・・・・。

2 Cry.cf.decus-silvae KOTATINGGI (AS便)  購入時のインボイス ですが、育ててみるとCry.sp Gn Panti2 KOTA TINGGI (AZ便) に比べランナーを出し難い、葉が大きくなると言う特徴から僕は別種と思いますが、皆さんのご意見は如何かなと? 現在は少しランナーを出して殖え始めていますが、子株は直ぐに大きな葉を展開します。比較的遠くにランナーを出すように感じますが株自体も水上に出たがり上方に向かって葉を広げます。

1_2こちらが  Cry.sp Gn Panti2 KOTA TINGGI(AZ便)の育ち方ですが株の周辺にランナーを沢山出し上部に伸びずに横に這うように育ち、同じ産地(KOTA TINGGI)ですが、同種とは思えません・・・・・・。ただし この種はまだ我が家では花を咲かせていませんので育てた感想では別種だと思われます。 僕個人ではこの種がCryptocoryne jacobsenii かな?と思っていますがどうなんでしょうか?

Cry..decus-silvae はチューブが短くて渓流向きのようですが、この意見に従えばCry.cf.decus-silvae KOTATINGGI はチューブの長さはとても長い為選択から除外されそうです。花はネットで見る限りとても大きな花のようですので似ているかな?と言った感じがします。我が家では育てている中で最も大きな花が咲きチューブの長さもコルダータ並みに長く伸びました。 当面は花を咲かせ確認してみたいのですが、ランナーを出しすぎるときは花が咲かない事が良くあるのでヨーロピアンから鉢上げして咲かせようかな?

クリプトの育成は多少自信が付きましたが、分類においては全くの素人ですので育成過程の違いを独断と偏見で述べてみました。

愛好家の方からご意見を頂ければ嬉しいのですが、過疎のブログで他の方のご意見は難しいか? (苦笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

謹賀新年

Save0004

今年も宜しくお願い致します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »