« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月30日 (火)

サワトウガラシ(Deinostema violaceum) が咲いています。

シラタマホシクサのミニビオトープに小さいけど紫の綺麗な花が咲いています。
Sawatougarasi はじめは雑草が生えてきたので抜こうと思っていたのですが、葉の色に艶があって背丈も低くてシラタマホシクサの邪魔にもならなかったので放置していたら小さな花をつけました。
ネットで調べてみると(ゴマノハグサ科 サワトウガラシ属)の”サワトウガラシ”のようです。一年草なので来年は発芽するか分かりませんが、出来れば可愛い姿を来年も拝見したいですね。その際は是非主役で歓迎いたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月27日 (土)

調子の出ない Cストリオラータ(水上)

水中のクリプトは一部を除いて比較的調子が良いのですが、水上のストリオ達は調子が上がってきません・・・・・。
Rusa C. striolata ”Sg Rusa”ですが立ち上げ時に始めは水中で育成していましたが、みるみる溶けが広がった為、急遽水上に逃げて全滅は免れましたが今だ調子が出てきません。夏も枯れないまでもぐずぐず育っていますのでこれからのシーズンに期待をしています。何時になったら大きな葉を展開してくれるのでしょうか?

Sg_strass

C.striolata ”Sg. Strass”ですが去年花を咲かせた後、調子を崩してこれもぐずぐず育っています。意外に暑い時期もこんな感じで乗り切っていますので、これからはスクスクと育ってくれると良いのですが・・・・・・。
少し調子が上がってきた様子ですが・・・・。ハタシテ

Mt_besar C.striolata ”Mt Besar”は新葉が出ては旧葉が枯れる(溶ける)の繰り返しで一向に葉数が増えません。そろそろ花を見たいのですが上手くいきません。

水中で一番調子の良いCry.striolata ”Assam”ですが2個目のフルーツも弾けて今は糸のような葉が出始めました。Cry.striolata ”Sunaning”はロストしてしまいました。広範囲に分布しているストリオは産地によってどうも難易度が違うようです。もっと上手く育てて最高の草姿をゆっくり眺めてみたいものです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年9月21日 (日)

クロホシクサ (Eriocaulon parvum)

今日、ホームセンターと園芸店に行ってきましたが両方の店にシラタマホシクサが店頭に並べてありました。結構ホシクサが一般の方にも認識されてきたのかも?
Kurohosikusa 画像はクロホシクサの水上株ですがネットで種子採り用に購入しました。今年初めて本格的にホシクサを始めましたが、実生で成功したのはキネレウムのみでクロホシクサは発芽したもののコケに覆われて無くなってしまいました。
リベンジ用に購入したのですが専門家が育成したのは勢いが良いですね。
来年は自身の手で元気な株を育てて見たいですね。

後、ゴマシオホシクサをネットで探したのですが株はもちろん種子も見つかりません・・・・。マイナーなホシクサは気長に探さないと見つからないですね。 ホシクサも栽培しだしたらとても楽しいので、少しづつ少しづつ勉強していきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月19日 (金)

リコリス(彼岸花)が咲きました。

お彼岸が近づくと咲き始めるリコリスが綺麗です。
Higanbana 毎年株が殖えてまとまって咲くようになりました。
一般には”彼岸花”と言われているリコリスですがこの時期決まって咲いてくれます。


Arubifurora 次が白花彼岸花と言われている”アルビフローラ”ですが、去年は真っ白に咲いたのですが今年は黄色っぽく咲いています。


Supurengeri 最後に”スプレンゲリー”ですが大きな花と背丈が伸びるので直ぐ倒れてしまうので、この後切花にしました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月13日 (土)

プライド・オブ・シミズ 順調に生育してま~す。

プライド・オブ・シミズ の種子を蒔いて2ヶ月になりました。
1 生育が遅くて心配していましたが、ここに来て残暑の影響かグングン成長してきました。この3株が選別して3号鉢に鉢上げした株になります。気温の下降が心配ですがもう少し暑い日が続くといいのですが、こればかりはどうしようもないですが・・・・・。

2 こちらが種を蒔いたまま放置している鉢の様子ですが、密植の為生存競争に勝った株のみ育っているようです。やはり鉢上げしないと大きくなりませんね。

3 もう一つは越冬させずに温室内で加温して育てるつもりで育成している株になります。夜咲きは葉も株も大きくなるので肥料を控えて冬を越すだけに焦点を絞って育成に努めます。無事春を迎える事が出来ればいいのですが・・・・。花も見ずに終わってしまわないよう頑張ってみます。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年9月10日 (水)

Cry.striolata ”Assam” その後

Cry.striolata ”Assam” のフルーツが弾けて芽が出てきました。
1 現地葉もそのままで全く溶けずに順調に成長しています。
水上での実生は何度か経験していますが、1ヶ月位で成長が止まって1年位はそのままな事が多いのに比べ水中での幼株の成長の早い事早い事驚くほどの成長振りです。ちなみにフルーツが弾けてちょうど1ヶ月です。

2 水上で発芽した株ならまだ糸の様な葉が出てくる位だと思います。もう目立って大き目の葉も展開していますので、このまま成長を見守ってみます。まだ底床からのガスは収まっていませんが状態はとても良いのでこのまま放置します。フルーツの2番目も順調に成長していますので楽しみです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年9月 9日 (火)

ホシクサ(E. cinereum)放置ビオトープ

種子から栽培してみましたが、中々大きくならないので大きな容器に移植したら何とか育ち始めました。1_3                              2_2 大きな株と言っても直径2センチ位しかないのですが頭花を上げてきました。気温が下がってきたのでそろそろ成長がストップしてしまうのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 6日 (土)

シラタマホシクサの花が咲きました。

今年初めて栽培したシラタマホシクサの花が咲きました。
2 中々要領がわからず失敗続きでしたがようやく開花に漕ぎ着けました。初めて見るシラタマホシクサの花ですが綺麗ですね。
浮き舟仕様ですので管理は超簡単で容器の水位に注意するだけです。

3_2 栽培当初はいきなり直射日光が終日当たる所に置いて枯らしたりしましたが、今は直射が1時間位当たり西陽を避けられる場所に移動して上手く育つようになって来ました。後はこのまま放置して、来年も維持出来るような自然に近い手の掛からない放置ビオトープを理想としています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 2日 (火)

熱帯夜咲き 今度こそ最後?

残業で遅くなって帰ってきたら突然咲いていました。
1 サーガラハッドですが、前回が最後の花だと思っていたのでチョットびっくりしました。
熱帯夜咲きの葉はとても大きいので蕾を見逃したようです。夜遅く帰ってきても見れるのが最大の魅力ですね!

2_2 外も涼しくなって虫の音も大きくて夜咲きの開花のBGMには似合わないですね。

3_2 メイポイ・ナイトブルーミングも今日咲きそうですが疲れたので明日の朝見ることにします。

華やかな夜咲きもこれで終わりと思うと寂しくなりますが、来年はもっと綺麗に咲かせようと意気込んでいます。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年9月 1日 (月)

クリプトコリネ・アフィニス

3_2 C. affinis ”Sg.Kalong” ですが、水上株入手時に植え替えの為一時的に水槽につけて置いたら全ての葉が溶けて綺麗に根茎のみとなってしまいましたがここに来て復活しました。まだ葉幅が本来の状態になっていないのでカロン産の特徴がまだ出てきていません。
ランナーもそろそろ出てくるとは思っていますがまだチョット先になりそうです。

6
 C. affinis ”kuala medang” ですが導入時より確実に葉数を増やしています。僕のクリプト栽培はこのアフィニスに魅力を感じて始めた事もあり思い入れも人並み以上にありますが中々技術が伴わないので維持さえ苦労しています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »