« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月28日 (土)

Cry.pallidinervia(実生)

Cry.pallidinervia ”南シブ”(実生)に子株が付きました。
Parijinerubia クリプトを始めた当初に親株を購入して育てましたが、夏の暑さと管理の悪さと用土の選択間違いで★になってしまいましたが、実生の水中葉の幼株を頂き長繊維ピートモスのみで いきなり水上に上げましたが順調に育ってランナーが出て子株も育ってきました。パリジは兎に角PHを低く保てば順調に育ちます。
苦手の酸性系の中でパリジの育成にチョット自信が付いてきました。このまま大きくして前回の株のように花を咲かせて種子を採って見たいですね。 前回は種子が弾ける前に突然死で駄目にしてしまいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月25日 (水)

ようやくマンカラウボンが咲きました。

開花の遅れていたマンカラウボンが咲きました。
1_2 今年は特に開花が遅れていましたがようやく咲いた花は、直径15センチ位あり見ごたえのある姿を披露してくれました。

2_2 朝の忙しい時期に撮ったので大きな花には見えないのが残念です。
一向に撮影の腕が上がりませんので納得のいく写真が撮れてません・・・・・・。

3_2 一応アップで撮りましたが何かいつも平凡なショットですが、まあこんなものです。

シーズン初期からこんなに大きな花が咲くとは意外でした。花色も気温の上昇によりもっと濃く綺麗になっていきます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年6月24日 (火)

熱帯睡蓮開花

熱帯種のセントルイスゴールドが今年初めて咲きました。
Senntoruisugorudo 前夜に雨に打たれて痛んでしまいましたが、今年も熱帯種のトップを切って咲きました。まだ盛夏の黄色には程遠いですが徐々に花色が濃くなっていく事でしょう。

Meipoi (熱帯夜咲き) メイポイナイトグルーミング
小さな葉が沢山展開してきましたが芽が沢山で過ぎて大きな葉が出てきません。少し芽を摘んでやった方が良さそうですが、暫く様子を見てみます。

Nsp (熱帯夜咲き) NSPピンク
熱帯種で一番成長の良い優良児です。
この種は根茎も良く増えて植える場所が無くて毎年頭を悩ませています。

Pnakasu (熱帯夜咲き) プライド・オブ・ナカス
熱帯夜咲きにしては大きな鉢で無くても綺麗な花を良く咲かせてくれるエリートNO1です。今年は2株になったのでとても楽しみです。
巷ではアンタレスと同じではないか?と噂されておりますが果たしてどうなんでしょう?真っ赤な花を早く見たいですね。

Sagarahaddo (熱帯夜咲き) サー・ガラハッド
去年は根詰まりでとうとう花を見れずに終わってしまったのですが、その分根塊を沢山作ってくれまして今年は充分期待が掛かります。植え込みの鉢も去年の5号鉢では小さかったので今年は6号鉢にしましたので、きっと綺麗な花を咲かせてくれると期待してます。

他にムカゴ種のティナ、ペンシルSP、クイーン・オブ・サイアム、イスラモラダ、インディペンデンス、が順調に成長しています。この中ではペンシルSPが最初に咲きそうです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年6月22日 (日)

ホスタガーデン

ホスタを西側空き地に植えました。
Sama ”サマーフレグランス”といって香りホスタの仲間です。
僕の買ったホスタはまだ花芽が上がっていないので匂わないのですが、一緒に置いてあった中で花の咲いている株があったのがとても爽やかな匂いが漂っていました。記念撮影の後、アジサイの横に植えつけました。大きく成りそうなので株間を多くとって植えたので今年は淋しい感じがしますが、来年にはもっと大きくなって楽しませてくれそうです。

Koba 黄金コバギボウシ
小さな葉のギボウシが欲しくて通販にて注文をして今日届きました。
黄色の葉がとても綺麗です。

Otomeo オトメギボウシ(黄中斑)
ギボウシの中でも超小さな葉を持つ種類で(黄中斑)芽数が増えるととてもバランスの取れた草姿になります。

Otomet 黄金オトメギボウシ
オトメギボウシの黄金葉です。


オトメギボウシとコバギボウシですが、今年は鉢植えで育ててみて芽数を増やして地に植える予定です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月21日 (土)

Cry.striolata ”Muarateweh”

いきなり水中に入れた Cry.striolata ”Muarateweh”でしたが、順調に立ち上がってくれました。
Sutoriom ちょっと心配しましたが、とても調子良く葉数を増やしております。
さすがに、現地葉は溶けてしまいましたが水中に適応した葉が展開してきました。
やっと一安心と言ったところです。
この水槽(600*300*360)にはこの株のみ植えているので順調に育って花が咲き、種子が出来、弾けて芽が出ると言う自然のサイクルを狙った栽培方法が目標で、まずは花を咲かせる事に重点を置き進みたいと考えておりますが気温の上昇が心配ですがファンを使って少しでも温度を下げて夏を乗り切りたいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月17日 (火)

アジサイを植えました。

家の西側通路兼空き地にアジサイを植えました。
1 直射日光が数時間しか当たらない場所なのに草がうっそうと茂ってしまうので草刈をしてガクアジサイ(クラウン・オブ・ヨーロッパ)を近所の園芸店にて購入し早速植え込みました。

2 我が家にはなぜかアジサイが一株も無いので、私の好きなブルーのガクアジサイに決めました。この場所はホスタも置いてあるので日陰を好む植物を主体に徐々に整備して行こうと考えております。
さあ 次は何を植えようかな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月15日 (日)

デンバーが咲きました。

デンバーがやっと咲きました。
Denba 今年は咲かないじゃないかと心配していた”デンバー”が咲きました。アイスクリームのバニラのような上品な花色です。後咲いていない温帯種はコロラドとマンカラウボンですがコロラドは花芽さえ出ていない状態でもっぱら観葉植物化しています。(苦笑)葉はとても綺麗ですよ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年6月14日 (土)

カリフォルニアカラー

カリフォルニアカラー(ピンク)が咲きました。
Kara ピンクと黄色がありますが、毎年黄色が早く咲くのですが今年はピンクが先に咲きました。植えてもう3年目になりますので株も大きくなって球根も増えてきました。黄色と一緒に咲いてくれると綺麗ですが、仕方がありませんね。

Sannpachensu_2 サンパチェンスも見ごろになり連日綺麗な花を咲かせています。
次々に蕾が上がってきているので長く楽しめそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年6月13日 (金)

ホスタ(ギボウシ)

去年植えたホスタ(ギボウシ)が綺麗になってきました。
Patoriotto パトリオット
覆輪(外斑)白色の種類で鮮やかな白とグリーンのコントラストと葉にウエーブがかかった素敵な品種です。やや大きくなり過ぎるの欠点かな?

Moruhaimu モールハイム
覆輪(外斑)クリーム色の種類で白い色の隣に置くととても目立ちます。

Furannsi フランシー
覆輪(外斑)白色でパトリオットに似ていますが葉がストレートに伸びているのですごくスマートに見えます。

Gorudennthiara ゴールデンティアラ
覆輪(外斑)黄色で葉は小さくて密生しますのでとてもボリュームのある草姿になりとても素敵です。花芽も上がってきたので近日中に奇麗な花が見れそうです。

去年栽培し始めたので一年が経ちましたが去年以上の姿になってくれましたので大変満足しております。日向の好きな植物は育たない環境ですが、明るい日陰?の好きなホスタ達には絶好の環境のようです。冬は葉を落としてしまうので殺風景になってしまいますが、春には芽が出て急激な成長をしますので、とても気持が良いです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月12日 (木)

アルバが咲きました。

アルバもようやく咲きました。
Aruba
今年の温帯種は動き出しが遅くて、ようやくアルバが咲いてくれました。スノーボールの華やかさも良いのですが素朴で原種っぽいのも好きです。

他にメキシカーナ系はコロラド、マンカラウボン、デンバーがありますが花芽の上がっているのはデンバーのみで淋しい限りです。
気温が安定しなくて日照不足が主な原因でしょうが用土の練りが足りなくて若干深植えも一因でしょう。
マンカラウボンなんてほとんど観葉植物で大きな葉がもさもさしてとても綺麗な葉をしています。(悲・・・)コロラドも花芽さえ上がってきていません・・・・。梅雨が早く明けて真夏の太陽が顔を出すまで調子が出ない予感がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 8日 (日)

C.yujii ”nibong”

C.yujii ”nibong” に花が咲きました。
Yujii 見難い画像でごめんなさい。
30センチキューブ水槽のヨーロピアン嫌気性土壌での開花の様子ですが、もう花は終わりのようです。

ユウジイでは初めての開花でしたのでとても嬉しかったですが、気づくのが遅れて残念でした。

用土ですが底から鉄力アグリ、マグァンプK、粉ピートモス、腐葉土、そして良く練った赤玉土(粘土状)です。この為、表土が赤玉の微粉でメンテ時に濁ってしまうのが欠点ですが、ユウジイの状態はとても良くて大きな葉を展開し始めています。購入時斑の模様でしたが、新葉の出現の度にグリーンの大きな葉に変わり変身しつつあります。始めは水上葉で維持していたのですが、暑くなるにつれて溶けが怖くなり徐々に水深を上げ今は最高水位で生育中です。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月 7日 (土)

暑~い

昨日、静岡は最高気温31度を記録しました。夜も蒸し暑くて困ったものです。
Sagisou この高温の影響でサギソウに早くも葉焼けの現象が・・・・・。葉焼けの現象が起きるのは例年なら6月下旬か7月初めなのですが、今年は早すぎます!
順調に育っていたのに1日で醜い姿になってしまいました。

Tomato ミニトマトは順調に実を付け徐々に大きくなっています。美味しいトマトが収穫できそうです。


Sannpachensu サンパチェンスも咲き始めました。
植えつけてから急激に成長して大きな花と蕾がいっぱいです。
長く楽しめそうな予感がします。

Kara 続いてカラーですが、黄色とピンクがあるのですが今年はピンクの方が先に咲きそうです。


Kurohosikusaホシクサ(キネレウム)とクロホシクサの種子を蒔いたのですが、クロホシクサの方に芽が出てきました。クロホシクサの方はミズゴケに蒔いたのが良かったのでしょうか?ホシクサは今だ芽が出てきません。用土は赤玉土の細粒を練って作ったのが失敗だったのか分かりませんが、ミズゴケにした方が良かったのかもしれません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »