« Cry. affinis ”kuala medang” | トップページ | Cry.elliptica ”Kulim” »

2008年4月19日 (土)

春の庭Ⅲ

ギボウシ(ホスタ)も目覚めたようです。
Gorudenthiara ゴールデンティアラ
我が家で一番早起きの個体でもう鉢一杯になってきました。
小さな葉が繁ってとても涼しげなギボウシです。

Furansi フランシー
まだ目覚めたばかりでこれから急速に葉を展開してきます。
柔らかな葉がとても綺麗に繁り大きさも手頃でお奨めです。

Moruhaimu モールハイム
フランシーとは違った葉色でとても綺麗になります。

Patoriotto パトリオット
我が家では一番の寝坊助でやっと芽がでてきた所です。
大きくなるのでとても迫力があります。

Churippu ギボウシだけだと寂しいのでチューリップを撮りましたが、昨日の雨と風に打たれてもう最後の姿です。

Ariakesumire アリアケスミレ
今年は最後に咲きました。どこにもあるスミレですが素朴な味がとても素敵です!

|

« Cry. affinis ”kuala medang” | トップページ | Cry.elliptica ”Kulim” »

コメント

今年は温帯睡蓮の動きが遅くて心配しています。朝晩の気温が上がってくるまで動く気配がありません。
昼咲き熱帯睡蓮は小さな葉を出していますが、まだ植え替えまではかかりそうです。
夜咲きは、一部が芽を出し始めましたので5月には外に出せそうです。

投稿: gecko | 2008年4月20日 (日) 17:23

今日は庭いじりの日でした。
ギボウシもほとんどの種類が芽を出してきました。昨年、休耕田で採集したスミレも咲きだし、急に賑やかになってきました。
先週、軒下にある貯蔵庫から出してきた夜咲スイレンの球根が白い根を出し始めました。3年目にして越冬成功のようです。ただ、どの種類か不明w。
寝覚めの悪いのは、エキノと昼咲き熱帯睡蓮です。昨年は逆だったのに、、
大好きな黄色いスイレンも眠りからさめていません。大丈夫でしょうけど、沈黙は嫌なものです。

投稿: 田舎者 | 2008年4月20日 (日) 16:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111190/40923036

この記事へのトラックバック一覧です: 春の庭Ⅲ:

« Cry. affinis ”kuala medang” | トップページ | Cry.elliptica ”Kulim” »