« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月29日 (土)

温帯睡蓮の植え替え

桜満開の中、花粉症で目がかゆいのですが温帯睡蓮の植え替えを行いました。
P1010001 スノーボールから手始めに行いましたので、順に紹介していきます。
数年、株を分けていませんので根茎がヒトデのように鉢の中を駆け巡っています。やはり短く切り詰めないと花が咲き難い気がします。

P1010002 株を取り出してみましたが、8号鉢に一杯で根もとぐろを巻いていました。



P1010003 長い根茎を切り分けました。こんなに沢山で植え込む場所がありません。



P1010004_2 植え替えが終わりました。後は水鉢に収容して月一度の追肥以外は用も無く、水位に注意していればOKですのでこれからは楽が出来ます。


今日はスノーボールから始めて、マンカラ・ウボン、デンバー、コロラド、アトラクション、それにサイジョウコウホネもついでに植え替え完了しました。久し振りに泥だらけになってしまいましたが、楽しかったです。年に一度の植え替えですがこの作業を終えるとやっと一息つけます。後は熱帯種の植え替えが待っていますが、少し間がありますのでゆっくりします。今日は気をつけて作業を進めたので、腰痛も大部楽になってきましたが油断せずに付き合っていきたいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月22日 (土)

熱帯睡蓮 戸外へ

今日、熱帯睡蓮のムカゴ種数種と動き出しの早いセントルイスゴールドを戸外に出しました。

1 イスラモラダの去年のムカゴから花も咲き、戸外で越冬した株ですが、とても勢い良く葉を出してきました。親株より生育も良く、耐寒性も強いようです。去年から今年に掛けて何度も厚い氷が張りましたが、元気な株です!今年も綺麗な花が見れそうです。

2 クイーン・オブ・サイアムですが、今年も出足は遅いようです。四月の中旬には芽も出てくるでしょう。葉を展開し始めが艶もあり、とても綺麗です。


3 ティナとペンシルSPですが、西に面した庭に発泡スチロールの箱で冬越しした株です。ペンシルSPの方が動き出しは早く芽が出始めると一気に水鉢一杯になってしまいます。ティナも四月の声を聞かないと目がさめないようです。

4 これはティナとイスラモラダですが、プラケースにて南に面した戸外で越冬した株ですが、元気に芽を出し始めています。


5 これは、タグが取れてしまい花が咲くまで種類は不明ですが、動き出しが早いので予想が付きますが、自信は無いので不明種としておきます。


6セントルイスゴールドですが、発泡スチロールの暗い中に収容していた為、芽が変色していますが戸外に出したのでこれからどんどん葉を展開してくれる事でしょう。ムカゴ種を除くとシーズン初期から終盤まで花を絶えず見せてくれる優良種です。

今年の越冬状況ですが、ムカゴ種とセントルイスゴールドは南向きの戸外で越冬した株が状態も良く西向きの庭に発泡スチロールの箱(蓋あり)にて越冬した株が動き出しが遅い事が判りました。これは、光の問題で差が出てしまったようですので、来年からは南向きに置いて蓋をしないで放置する方法が良い気がします。
熱帯夜咲きはまだまだのようで、何れの株も長い眠りに就いているようですので、五月ごろには目を覚ましてもらわなくては・・・・・。起きてくれない株もあるのでしょうか?

さて、来週には温帯種の植え替えを予定していますが、雨が降らなければ良いのですが、雨だったら来週に延ばします。最近腰が痛いので無理しないよう注意しているのですが、運動不足が主な原因のような気がするので、暖かくなったらウォーキングをしなくてはと誓っておりますが、腰痛脱出には是非実現しなくては・・・・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年3月20日 (木)

シンビジウムの植え替え

今日はとても寒いですね!寒さの苦手な僕には、ちと辛いです。
1 シンビジウムはまだ花が咲いていますが、長く咲かせておくと株が傷むので切花用に切り取りました。花の重みで垂れてきてしまいます。

この後植え替えをしましたが根が鉢内に一杯になってしまって中々抜けなかったけどようやく抜け、無事植え替え終了です。

2 胡蝶蘭はまだ全部の花が咲いていませんが、とても長く咲いています。後2つほど蕾が有りますが全て咲くのかな?

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年3月16日 (日)

シンガポールSP

一週間前にシンガポールSPを買ったので紹介します。
1 多分、Cry. Timahensis ”Singapore”だと勝手に想像しているのですが、花が咲くまで正体は不明と言う事で・・・・。ブラウンタイプのようですので緑にならないように注意して育てなくては、それより無事に花を咲かせることが出来るのか?用土は無印ソイル(ブラウン)の単用ですので、暫らくはこのままで育成します。
腰水はPH6.5でやっているのですが、もう少しPHを落とした方が良いのかな?1週間経ったのですが、調子は上がりつつ有りますのでこのまま様子を見ながら立ち上げます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月15日 (土)

春の庭

今日も園芸店に行ってアッツザクラを買ってきました。
1 去年庭に植えたアッツザクラはまだ芽が出ていないけど
温室育ちのようで綺麗に咲いていたので購入してきました。

2 最近は赤い色からピンク白と色々のカラーがありますので
楽しめますね。僕はなぜかこの花が好きで、春には無くてはいけない花になっています。庭に植えたのも5月ごろには綺麗に咲いてくれることでしょう。

3 ムスカリもようやく咲き始めました。
年々球根が増えて庭のあちらこちらに植えてありますので花の時期はとても賑やかです。

睡蓮の植え替えに供えてバケツ3杯分の土を練りました。温帯種はこれで間に合いそうですが、熱帯種の分はまだ練らなければいけませんので、まだまだ楽は出来そうもありません。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年3月 8日 (土)

パフィオペディラム

今日は睡蓮の植え替え用の土の準備をしました。
芝の目土と赤玉土(小粒)半々を潰して水を加えてスコップで練り用土が準備できました。
その後、園芸店に出向きパフィオペディラムを買うつもりで先週目星をつけていたのが売れてしまった為、支柱を買って家に戻ってクリプトの手入れをして他の園芸店に行ったのですが、先ほどの園芸店より安くて元気なパフィオを見てしまったので連れて帰ってしまいました。
1_2 パフィオペディラムは東南アジアと中国南部に分布する洋蘭ですが木陰等に生えている為強い日差しは苦手ですが、冬でも10度以上あれば大丈夫ですので夏の暑さと直射に気をつければ失敗は無いのかな?何て安直な気持ちで連れ帰りました。

2_3 原種に近い種類が本当は好きですが、交配種も大きな花で見応えがあります。
一番心配なのが女房の目で僕自身、収集癖があるので早くも釘を刺されているので余り数は持てそうもありませんが、今日は留守でしたので強行突破しましたが、紛争にならなければいいのですが・・・。 もう一鉢位欲しいけど・・・・。 お気に入りの一品をジックリ吟味して買っちゃおうかな?(苦笑)


| | コメント (2) | トラックバック (0)

C. cordata var. cordata ("blassii")

ブラッシーが連続で咲いています。
1 丈夫でめったに溶けない、花は綺麗、と申し分の無いブラッシーですが安価な為か人気が無いですが、僕はとても好きな種類になります。
ランナーも良く出して鉢数もそろそろ限界になって来ましたが、初期の株もいまだ元気一杯に花を咲かせています。

2 コルダータ系は他に Cry.cordata ver.grabowskii?Cry. cordata var. cordata”Rosanervig”を持っていますがCry. cordata var. cordata”blassii”以外では花を見ていませんので、今年は咲かせてみたいですね。調子は良いのですが花芽が付きませんので肥料を与えてみましたので良い結果が出るとよいのですが・・・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年3月 5日 (水)

ホンコンシュスラン Ludisia discolor(Haemaria discolor)

Img_1705 ホンコンシュスランが咲きました。



Syusuran2

園芸店ではシュスランの名札が付いていたけど和名のシュスランは属も違うし(Goodyera velutina)全く別の植物になります。

Syusuran1

原産地はシンガポール近郊で栽培が容易で
寒さにも強く多湿を好みます。
主に葉を鑑賞する目的で安価で店頭に並んで
いるので比較的手に入り易いです。
素朴な花も観賞価値が有りとても素敵です!

Dattiairisu 秋に植えたダッチアイリスも葉が長くなって来ました。花芽はまだ上がってきませんが、もう少しすれば綺麗に咲いてくれる事でしょう。アヤメも新芽が出始めましたので、庭は紫で埋め尽くされる日も近いと思います。

Kurokkasu クロッカスも連日咲いていますが、花持ちが余り良くないので後少しで咲き終わりかと。チューリップはまだ芽がやっと地上に顔を出し始めたところですので咲くまでは暫らくかかりそうです。暖かい日が続けば一斉に成長が加速されるのですが、まだまだ寒さと暖かい日が交互にやってきそうですね。 

今頃になると温帯睡蓮の植え替え準備を始めるのですが、今年は用土を買って来ただけで、まだ準備はしてないけどアトラクションあたりはもう小さな花芽を出し始める時期ですので来週には芝の目土と赤玉土を練る作業を開始しますが、この作業が一年で一番大変な作業になります。今年も綺麗な花が観賞出来るのですから気合を入れて植え替えましょう。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年3月 1日 (土)

Cry.striolata ”Sg.bintangor”

去年2月25日に種を蒔いたのですが、中々大きくなりません。
1 一年経ってこの大きさですから如何に育っていないかがお分かりかと・・・・・・。
セララン産も大きくなりません。種を蒔いて発芽はほぼ100%なのにその後の課題が残ります。最近は各種の肥料を試しているのですが、まだ結果が出てきていませんので暫らく悩みそうです。
用土も桐生砂、富士砂、腐葉土、鹿沼土、長繊維ピートモス、培養土と色々試しているのですが、どれも成長が遅くて困っております。
肥料がポイントだと考えておりますが、まだまだ道は険しいようです。

2 これは Cry.pallidinerviaミナミシブ産 の実生(水中株)を頂き、長繊維ピートモスにて植え替え水上株に仕立てました。ストリオに比べると成長はとても早く、頼りないほどの株で心配しましたが、何とか育ってくれました。今日からは水槽の中に入れているプラケースの蓋を取ってPH5.5の腰水にて育成します。急に光が強くなるのでチョット心配ですが、今後の成長を期待しつつ様子を見てみます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »