« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月23日 (土)

Cry.vietnamensis ”Da Nang”

ベトナム固有のクリプト Cry.vietnamensis ”Da Nang”を導入しました。
3 ミズゴケに植えてありましたが、粉ピートモス、長繊維ピートモス、腐葉土、完熟マット、の混合で植え込みました。大きくなるようですのでとても楽しみです。

*今日、60センチ水槽を水中栽培用にセットしました。底に鉄力アグリ、マグァンプK、粉ピートモス、を入れアクアソイル・アマゾニアを入れて水を廻しています。さて、何を入れますか?

*先日導入したグリの立ち上げに失敗したようです。2株植えた水上栽培のグリは葉が全て溶け葉柄のみになってしまい、ヨーロピアン水槽の2株も危篤状態です。・・・・・・・葉がかなり薄いので立ち上げには苦労すると感じてはいたのですが、新葉の展開も見せずに斃死の状態です。根茎が活きていればいいのですが・・・・。厳しそうです。 頑張れ!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

胡蝶蘭が咲きました。

新築祝いで頂いた胡蝶蘭が2年ぶりに咲きました。
1 貰って1年目は管理の仕方が判らなくて観葉植物になっておりましたが、去年から今年にかけて植え替え液体肥料をくれた甲斐があって綺麗に咲いてくれました。
まだ1番花ですので、これから次々と咲いてくれる予定です。

2 シンビジュウムも同時に咲き始めましたが、女房が移動の際、花芽を折ってしまい根元の花しか咲きません。管理人の僕が折らなくて良かったとホットしています。春先の植え替えに始まり置肥や水遣りと手が掛かりましたが、こうして綺麗に咲いてくれるととても嬉しくなりますね!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年2月19日 (火)

Cry.yujii ”Nibong”

1_2 プチヨーロピアンのもう一つの水槽(30cmキューブ)には夏に蒸れてロストしてしまった Cry.yujii ”Nibong”
を入れることにしました。
結構大きな株ですのでリベンジできるか挑戦です。
夏までに状態良く育て、今年は水中葉で乗り切る予定ですが・・・・。

2_2慎重に 水槽に植え込みました。肥料は充分に効かせてあるので大きく育って欲しいですね。ユウジイは葉が白化しやすいので肥料を切らさないように注意しなければ・・・。いずれにしても今回の栽培でユウジイが上手く育ってくれるように肥料、用土など工夫してみます。

*最近なぜ酸性系の育成が上手くいかない理由が立ち上げ時の光が強すぎるのではないかと思っています。腰水はPH5.5位にして用土もピ-ト主体の配合にしているのになぜかと? ふと思いつきました。僕のクリプト栽培において、各水槽とも蛍光灯(パルックプレミア)二灯ですのでピ-トスワンプ(酸性系)の特に葉の薄い種類には、どうも光が強すぎるようで数日の内に溶けてしまう事にようやく気がつきました。前回導入したグリの水中株と水上葉を良く見ていたら、水中葉の水槽は1本蛍光灯が切れていて少し暗く感じるのに元気に葉を展開し始め溶けの症状が全く出ていないのに、水上栽培の株は直ぐ溶けが始まっていましたので明るい水槽から暗めの水槽に移して様子を見ることにしました。園芸の世界でも植え替えて直ぐには直射日光の当たる外には出さず、半日陰で養生をさせるの事が普通ですので、初めは弱光で立ち上げる事が重要に思えてきました。今までは用土と腰水に気をとられすぎていましたが、これからは光の質と強さに気をつけていこうと考えています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月17日 (日)

春の兆し

今日は暖かいので、ふと庭を眺めるとクロッカスの花が咲いていました。
1 今年は静岡でも連日氷が張り寒い日が続いておりますが、こんな早い時期にクロッカスが咲くなんて・・・・。
春がもうそこまで来ているのですね!
チューリップもやっと芽を出しました。

本格的な春が待ち遠しいです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年2月16日 (土)

Cry.griffithii ”Thomson Area”

1 プチヨーロピアン水槽(60センチ)の住人が C.griffithii に決まりまして、今日到着しました。

2 数日前から立ち上げていましたので、そろそろと考えていましたところ良いタイミングでシンガポール便が来たので即、購入しました。
水深を10センチ位にして様子を見ます。

3 複数株ありますので残りは水上栽培をしてみます。グリは酸性系ですので用土に長繊維ピートモス、完熟マット、粉ピート、腐葉土、ミズゴケの混合で植え込みました。
小さな株でしたので2.5号鉢に植え込んで、別の容器を用意して酸性の腰水(PH5.5)を入れ水槽に収容しました。これからの一月が上手く立ち上がるかの瀬戸際ですので注意して苦手な酸性系の克服をしたいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月 9日 (土)

Cry.fusca (クダガン)

1 前回紹介した Cry.minima Batu Kruau も一株しか持っていませんが、 Cry.fusca (クダガン) も1株しかありません。やっと成長の兆しが見え始めましたので紹介します。このフスカの購入当時は極小の株で夏をどうにか乗り越え、用土も色々試したりして環境も変えてみたりしながらも何とか生き残り、長繊維ピートモスに植え替えて調子を上げてきた貴重な株でもあります。
2 酸性系のクリプトが苦手な僕にとって唯一成長の期待が掛かる長繊維ピートモスでの育成ですが、色々な用土を試してみたが思うような生育が見られず苦労しました。長繊維ピートモス以外では上手くいかないのでもう無駄な抵抗はせずに馬鹿の一つ覚えで栽培を続ける予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 3日 (日)

Cry.minima Batu Kruau

Cry.minima Batu Kruau が安定した水上葉を出し始めました。
1 我が家で唯一のミニマですが水中葉の株をいきなり水上に上げましたが、溶けもせず大きな葉を展開し始めました。購入時はタコの様な水上葉で葉も弱々しくて透き通った葉で頼りない株でしたが、厚めの大きな水上葉出現に喜んでいます。今年中には花を拝めそうです。ただ夏に注意しなければ・・・・。

ミニマは以前ペラ産を持っていましたが、夏に駄目にしてしまったので気をつけます。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

C.cf.ferruginea Sekadau brown

Cry.cf.ferruginea Sekadau brown の花芽が上がってきました。

2 購入当初は綺麗なブラウンでしたが、徐々に緑になってきてしまいましたが、待望の花芽が上がってきました。中々大きくなってくれませんが最近、葉が溶けて心配していたのですが花芽の出現で一安心です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »