« Cry,ideiiの花が咲きました。 | トップページ | 冬越し実験NO1 »

2007年10月 6日 (土)

秋の睡蓮

コオロギが暗くなると合唱をする季節になりました。
Photo 初夏の頃から連日咲いているイスラモラダですが、8月の終わりごろから肥料を切っていますので花は小さめですが、競って咲いています。
気温が下がると花の色も鮮やかになり、そろそろ越冬の事も考えながら来年の構想を練っています。

2 ブルーの地に白斑が綺麗にでるのもこの時期の特徴で、残り少ないシーズンを寂しげに咲いています。


G 変わってセントルイス・ゴールドですがこの種も花期が長くて初夏から晩秋まで花を切らさず咲いてくれています。

G2 スッキリした色合いと葉が大きくならないので水鉢も比較的小さめでも栽培が出来ますが、元々葉柄が長くなるので鉢の中はこんがらがってしまいますが・・・・・。
飽きの来ない僕の好きな品種です。


他の熱帯睡蓮のティナは早々に店じまいをして葉が紅葉してきていますので、寒くなれば真っ先に取り込まなければいけません。インディペンデンスも同じ様な状況です。熱帯夜咲きは何れも葉が溶け始めてきて”越冬”の時期が近づいているようです。今年は色々な方法でしてみようと考えているのですが、結果は春にならないと分かりませんので毎年賭けをしているようです。
果たして今年の冬は暖冬か?それとも寒い冬になるのか?

|

« Cry,ideiiの花が咲きました。 | トップページ | 冬越し実験NO1 »

コメント

こんにちは、睡蓮もそろそろ店じまいの様相です。熱帯種の葉は僕の所でも紅葉してきてます。夜咲きは葉が徐々に溶けてきて葉数も少なくなり冬越しの準備をしているようです。
藻の撤去は池ですか?大変そうですね!
生物兵器では、やはり手に負えないでしょうね。

投稿: gecko | 2007年10月20日 (土) 16:13

だいぶ涼しくなりました。
秋色のイスラモラダ、きれいに咲いていますね。うちのイスラモラダ似は早々に沈黙しました。

今日の明け方は16度。強風ですが、セントルイス・ゴールドは夏と変わらない花を咲かせました。他のスイレンも咲いていますが、秋仕様の花色です。改めて強さを感じました。夜咲きは葉が赤くなり、紅葉? どーなんでしょうかw
今年は、スイレンを越冬させたら藻を完全に取り除こうと思っています。除草剤+殺菌塔 いろいろ考えています。タニシ、カブトエビ、ヌマエビの生物兵器は失敗。科学兵器で撃退予定。

投稿: 田舎者 | 2007年10月20日 (土) 14:42

熱帯種の冬越は博打の様です。
今年は色々な方法を試してみるつもりでいますが、冬の寒さによって又は種類によって違ってきますので微妙なさじ加減が必要ですが、なるべく簡単で場所をとらない方法がベストと思います。がっ、何せやってみない事には結果が出ませんので・・・・。果たして冬眠後の結果は?失敗してもまた次があるので反省して出直せますから。こんな事してるから進歩しないのとどこからか聞こえてきそうです。

投稿: gecko | 2007年10月 9日 (火) 19:37

どーも、s-nobです。
熱帯種の越冬方法と言っても色々あるようですし、睡蓮の種類やその年の気候まで考えるとますます奥深いですよね。
しかも1年に1回しか試せないというのも更に奥深くしている要因でしょうか。
1回や2回経験したくらいでは安心できるテクは身につきそうもないですね(^o^;

投稿: s-nob | 2007年10月 9日 (火) 13:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Cry,ideiiの花が咲きました。 | トップページ | 冬越し実験NO1 »