« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月28日 (金)

秋の庭

彼岸花が咲きました。
Photo 例年よりチョット遅く咲きましたが、揃って咲いてくれました。
植えっぱなしですが、毎年球根も殖えて見応えがありますね。



1 草ボウボウの我が家の庭では、バッタやカマキリが卵を産み、春に卵から孵り秋までに立派に育ちまた卵を産んでいます。カマキリもジックリ見てみると、とても面白いです。




2 チョット悪党顔ですが、表情が豊かでとても可愛いです。






Photo_2 ショウリョウバッタも寄って来て恋の真っ最中のようです。






Photo_3 中でも悪食なのがこのオンブバッタで睡蓮の葉っぱ等片っ端から食い散らかして困ったものです。

バッタ達も寒くなる前に今年も卵を産んで死んでしまうのですね。まあ 沢山食べて丈夫な卵を産んでください。


Tane Pナカス×NSPピンクの種子が沢山採れました。来春まで大切に保管しておきます。今年他に採ったペンシルSPの種子より多く採れたので、来春は発芽の楽しみが増えました。

| | コメント (2)

2007年9月27日 (木)

プライド・オブ・ナカス 夜咲き最後

プライド・オブ・ナカス が今シーズン最後の開花です。
1
花芽は数個有りましたが、ここ数日の夜間の涼しさに開花は無理かな?と思っていましたが何とか咲きました。今日が開花2日目ですが昨日は綺麗に開かなかった為、二日目の夜の写真となりました。


2
初日は開ききらなかった為、もう駄目と思い次の花芽はカットしてしまったので正真正銘のラスト開花です。
花上がりが夜咲きとしては抜群ですのでシーズン中は複数咲いてくれるので、とても楽しめます。


Img_1547
ナカスは夜咲きとしては、比較的小さめの水鉢で栽培できるので好都合です。僕の場合は直径45センチの水鉢に5号鉢に植え込んでいますが、良く咲いてくれます。
ただ、中々殖えませんので頭の痛いところで冬越しも他の種類より温度を上げた方が良い結果が出ます。今年もどうしようかな?と良い方法を探ってはいるのですが、これだと言う最良の方法を見つけられずにいます。

| | コメント (2)

2007年9月26日 (水)

NSPピンク×Pナカス

NSPピンク×Pナカスを交配した後、台風の被害にあって駄目だろうと思いましたが、蕾をそっと輪ゴムで止めておいて様子を見たら、どうやらさく果が大きくなっているようですのでジップロックの袋を掛けました。
Nsp
種が出来ていると良いのですが、とりあえず第一段階の交配は成功したようです。
次は、さく果が弾けて種子の回収が出来るか?楽しみができました。
発芽するか?保存はどうするか?問題は沢山出てきますが、軽い気持ちで挑戦してみます。

今年は、他にペンシルベニアの実生ペンシルSP(仮称)の種子も採取できたので来シーズンはどんな花が咲くか楽しみです。種子は乾燥して保存してありますが、発芽するか分からないけど何とかなりそうかな?以前は水鉢の中で冬を越して春に発芽して、その年に花が咲いたのですが夜咲きは種子からだとその年には開花しないだろうな? さく果が弾けるのが待ち遠しいです。
ちなみに交配した日から数えて22日になります。

Photo 記事を書いた2日後に弾けました。微妙なタイミングで袋を掛け種子を回収できました。この後、仮種皮(浮き袋)が腐って水中に沈むまでそっとして置いて、数日間水洗いして乾燥させて春まで保管しておきます。来年の種蒔きが楽しみです。

| | コメント (0)

2007年9月24日 (月)

 Cry.sp ”Muarateweh”開花

 

Cry.sp ”Muarateweh” の花が咲きました。
1010005 先日株分け、植え替え、をしたばかりですが小さな花が咲きました。撮影し難い所での開花でしたが、なんとかなりました。
ちょっと見過ごしてしまう位の小さな花です。
我が家では初開花ですのでちょっぴり嬉しいです。
植え替えた株もダメージが無くて順調に育っています。

Photo_4 Cry. cordata var. cordata"blassii"も良く咲いてくれます。夏の暑さにもビクともせずに大きく育っています。

| | コメント (0)

2007年9月22日 (土)

ツマグロヒョウモンチョウ ”羽化”

ツマグロヒョウモンチョウが羽化しました。
Photo 今朝見ると羽化は終わっていましたが、まだ羽を乾かしているのか分かりませんが飛ぶ事がまだ出来ないようでしたので強引に撮影させてもらいました。

Photo_2 去年も蛹の抜け殻だけの記録で終わってしまいましたが、今年は蝶の画像を撮る事ができました。

Photo_3 このツマグロヒョウモンチョウは雄でしたのでもう少しお付き合いしてもらいました。僕にとって貴重な雄のヒョウモンチョウでしたので羽を無理に開いてもらって撮影する事ができました。よかった、よかった。

この後、無事に何処かに舞っていきました。お疲れさ~ん。

| | コメント (0)

2007年9月20日 (木)

インディペンデンスがやっと咲きました。

2_2 熱帯睡蓮もそろそろ終わりに近づいてきましたが、インディペンデンスがピンクの綺麗な花を咲かせました。
花芽も出なくて株の成長も今一でしたので、今年の開花は諦めておりましたが、ようやく開花に漕ぎ着けました。
クイーンオブサイアムと似た花ですがピンク色がとても濃くて秋の日にとても映えます。ムカゴ種なのにもう少し株が充実しないとムカゴが出来ませんので、今年も越冬には充分注意したいと考えております。

1   セントルイスゴールドも9月より肥料を切ったのにまだまだ絶好調で連日の複数の開花で楽しませてくれています。
爽やかな黄色でとてもステキです。葉柄が長く延びるので扱い難いですが、花上がりは抜群で早春から晩秋まで花切れも無く咲き続けてくれる優秀な品種です。

| | コメント (5)

2007年9月16日 (日)

リコリス(アルビフローラ)が咲きました。

リコリス(アルビフローラ)の一番花が咲きました。
3 去年、近所の方に頂いたリコリスが白い綺麗な花を咲かせました。球根は10個程頂いたので、次々に咲く予定ですが周りにはまだ花芽の出る気配がありません。


リコリスには8月頃から咲く早咲き種から晩秋に咲く遅咲き種がありますので品種を選べば長く楽しめそうです。普通の彼岸花は今年は暑さのせいか遅くなりそうです。

4_3 今日はスイセンの球根を8号鉢に植えました。名前は琥珀色のすいせん(アンバーゲート)とピンクチャームの2種類を植えましたので春が楽しみです。スイセンもヒガンバナ科のようで水捌けさえ良ければ元気に育つ簡単で綺麗な花が見られるのでとても好きな種類です。




| | コメント (2)

2007年9月15日 (土)

ツマグロヒョウモンチョウ ”蛹”

ツマグロヒョウモンチョウの幼虫が蛹に変身しました。
1_2
幼虫の動きが悪くなり餌食いも落ちてきましたので、そろそろかな?と思っていたら、突然蛹に変わっていました。
撮影し難い所で蛹になってしまいましたので移動をお願いしました。

2 蛹の下部には金属状に光る部分があって、とても綺麗な色をしています。


3







下部を拡大して撮ってみましたが、上手く撮れなくて見難いですがまあ光っているのが分かれば良しとして下さい。
この蛹が徐々に黒っぽくなり動きが無くなると羽化になりますが、いつするのか分からず羽化の瞬間はまだ立ち会っていませんので、今年はみてみたいですね。

| | コメント (2)

2007年9月12日 (水)

ツマグロヒョウモンチョウ ”幼虫”

今年も庭のスミレに ツマグロヒョウモンチョウ が卵を産みました。
1
今年の夏は猛暑の為、ヒョウモンチョウ がたまに舞ってきても産卵しなくて気にしていましたが、涼しくなるにつれ卵を産みつけたようです。卵は目立たない為、気がつきませんが幼虫が大きくなると葉を食べた後が目立つようになってきます。スミレには害虫ですが、ヒヨウモンチョウが来ないと気になってしょうがないです。毎年ヒョウモンチョウに葉を食べられみすぼらしい姿になってしまうスミレですが、春になれば綺麗な花を咲かせてくれるので秋の風物詩の様になっています。

2 アップの写真(クリックすると大きくなります。)ですが、苦手の方もいるでしょうからお気をつけ下さい。
ツマグロヒョウモンチョウの幼虫はどぎつい毛虫のようですが刺したり痒くなったりはしませんので安心ですが、手に乗せる物好きもいるようです。・・・・(笑)

幼虫ばかりではどんな蝶になるか分かりませんので、親の蝶をアップしておきます。
3
この時期産卵に来る為、見る機会が多いのですが殆んどが雌の個体で、たまに雄を見かけ撮影しようとするのですが、いまだ撮影に成功していません。ちなみに雄と雌は模様が全く違うので直ぐ区別がつきます。

この幼虫が蛹になり羽化をし飛び立つ姿を追ってみようと考えています。去年は挨拶も無く飛び立ってしまいましたが今年は上手くいくでしょうか?

| | コメント (0)

2007年9月 9日 (日)

Cry.noritoi 植え替え

Cry.noritoi がランナーで一杯に成って来たので植え替えました。
1
これまで延び延びになっていましたが、いよいよ混み合ってきたので、実行に移しました。


2 鉢から出してみると大小5株が絡み合っていました。
大きい株は3号鉢に小さな株は2.5号鉢にて植え替えました。用土は桐生土、富士砂、粉状ピートモス、苦土石灰の混合です。ノリトイは現地では実生で殖えるのが主のようですが、水槽栽培ではランナーを良く出して殖えます。

3 植え替えついでにCry.sp ”Muarateweh”も気になっていたので植え替えました。こちらも5株になりましたので大きな株を3号鉢他を2.5号鉢にしました。


予想外に鉢が増えてしまったので急遽、水槽を立ち上げました。600*450*450を掃除して汗だくになりながらやっと収容する事ができました。まだ暑い時期の植え替えですのでチョット不安はありますが、丈夫な種類ですのでキット何事も無かったように成長してくれる事でしょう。

| | コメント (0)

2007年9月 8日 (土)

プライド・オブ・ナカス ラスト

プライド・オブ・ナカスが今シーズン最後だと思われますので夜間ですが撮影しました。
1
2初日の色が一番好きです。

今シーズンはもう終わってしまった感じがします。

今シーズンは遂にサー・ガラハッドが花芽を付けずに終わってしまいそうです。
毎年咲いてくれていたのに寂しいです。

3 後は、シーズン終わりまでブルーの花の睡蓮を楽しむ事にします。この時期ブルーはシーズン中で一番綺麗になりますのでお奨めです。

| | コメント (0)

2007年9月 7日 (金)

台風(小田原付近に上陸)

数年振りの台風にあった静岡でしたが、被害はさほど無くて安心しました。
昨夜7時頃から暴風雨とも激しく心配でしたが、今朝庭を見ると植木鉢が倒れている位で安心しました。

Photo シンピジウムやアサガオの鉢が倒れていましたが、被害は無くて良かったです。
睡蓮鉢も風に吹かれましたが大丈夫でした。



Nspp ナカスと交配させたNSPピンクですが、無残な姿になってしまいました。折角チャンスがあって交配出来たのに・・・・。多分駄目でしょうね。楽しみにしていたのに・・・・・・。


Photo_2 多少の被害にあったもののプライド・オブ・ナカスの二番芽は大丈夫でしたので、近日中の開花に期待出来そうです。



今朝は雨は降っていませんが、まだ風が強く台風の影響が残っていますが、これから徐々に秋らしい気候になってきそうです。コオロギの声もにぎやかになってきました。

| | コメント (2)

2007年9月 4日 (火)

NSPピンク・Pナカス

今日はナカスの最終日でNSPピンクが初日で揃って開花しました。
1
ナカスも今日で終わりです。
次の蕾も上がって来ていますので水温が下がらなければ開花するでしょう。


Nsp1





NSPピンクのもう一つの株が初日を迎えました。
ナカスと違って派手さがありませんが、気品に満ちた姿が素敵です。


Nsp2




斜めからもう一枚!

今日、宮川花園さんの掲示板でプライド・オブ・ナカスとアンタレスがかなり似ているような書き込みがありましたが、果たして真実はどうでしょうか?もし同じなら来期より販売もするようですので、多くの方が栽培できる日も近いと思います。楽しみですね!

この後、PナカスとNSPピンクを掛け合わせてみました。
種が出来るか分からないのですが、Pナカスの雄しべからは大量の花粉が出ていましたのでもしかして・・・・。乞うご期待!!

| | コメント (2)

2007年9月 2日 (日)

プライド・オブ・ナカス 朝

プライド・オブ・ナカスを今朝早起きして撮り直しました。
1
初日の開花ですので柱頭盤が見えています。
咲いた直後の気持ちの高ぶりは無いですが、花の構図を考えながらゆっくり撮れる所が朝の撮影の良い所ですが、僕自身は初日の夜、撮り難いですが気持ちが入っていて下手でも好きです。

2 いつもの角度での撮影ですがお気に入りのポーズで撮りました。

次の花芽も上がってきてますが、静岡では朝晩涼しくなってきたので咲くか心配になってきました。夜咲きは他にサー・ガラハッドとメイポイ、ステラータ、NSPピンクが有りますがこの内、咲いてくれそうなのが、既に咲いたNSPピンクの別株しか希望を持てませんので・・・・。

熱帯夜で寝苦しい日が続いている時に開花してくれればと思いますが、上手くいかないですね。でも、過ごしやすくなって体調も整いましたので良しとしましょう。(笑)

| | コメント (2)

2007年9月 1日 (土)

プライド・オブ・ナカス 開花

プライド・オブ・ナカスが開花しました。成長の遅れていたナカスでしたが、バグダッドが水上葉を出さなくて、ジベレリン処理をしてみたのですが、1週間が経ち効果が無かったのでもう一度処理をしてみましたが、失敗に終わり水中葉も枯れてしまい休眠してしまいましたが、この時の処理済水溶液を2週に渡り添加した所、急激に成長してあっという間に大きな蕾が水面まで上がってきました。そして今日開花を迎えました。

1_2 大きな蕾が今日は咲くよ!とばかり、空に向かって背伸びをしています。待ちに待った開花のドラマですのでカメラで順に追って見ました。


2_2
暗くなっていよいよドラマの始まりです。真っ赤な花ビラが顔を出し開く準備です。


3_2


大部開き始めましたが、左右対称に開いてくれないようでやきもきする瞬間です。


4_2

何とか、開いてくれましたがまだ反り返るような迫力に欠けています。
いつ見ても綺麗な花です。夜咲では珍しくとても花上がりの良い品種です。マニアのみ流通している種類ですが、もっと繁殖に励んで皆さんの手元にも届くとファンが増えるのに、思うように殖えません。 僕が下手なだけかも?

5_2


今日のイベントの最後ですが、綺麗に開いてくれました。

やはりステキな花です。

外で撮影していて蚊に食われて痒い事痒い事、でも今年もプライド・オブナカスの写真が撮れて満足満足!

後は、冬越し (心配) を上手くせねば・・・・。

| | コメント (3)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »