« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月28日 (土)

朝顔が咲きました!

連日30度以上の暑い日が続いております。今年の夏は特に暑くなりそうです。
Photo
遅くなって種を蒔いた朝顔に初めての花が咲きました。
暑い時の一時の清涼剤になりますね。淡いブルーでとても涼しげです。

今日は朝から庭の草刈に精を出しました。つい億劫で次の休日、次の休日と思っている内に、今日まで延びてしまいました。したがって草の方も伸び放題で、もっと早い方が楽だったかな?何て考えながらもやっと終わりました。シャワーを浴びて少し横になり実家にクリプトの管理をしに行って来ました。この暑い中、クリプトは調子が良く安心しました。

そうこうしていると、前から頼んでおいたリコリスが届きました。Photo_3

種類は、スプレンゲリー、中国オーレア、ドリーム、ヘビメタ、の4種類です。リコリスは他に、白花彼岸花、普通の彼岸花と庭に植えてあるので、今年は秋には賑やかに咲いてくれそうです。今日は疲れたので明日8号鉢ぐらいに植える予定です。手が掛からないので僕には向いているかも!

| | コメント (0)

2007年7月27日 (金)

ティナ初開花

やっとティナが咲きました。
Photo 今シーズンは、とても開花が遅れて心配しておりましたが、やっと咲いてくれました。冬眠から醒めて水中葉のまま浮き葉を出さずに成長を止めていたのですが、連日の猛暑に目がさめたようです。

Photo_2 続いて、セントルイスゴールドですが、殆んど毎日花をつけて今日も2輪咲です。爽やかな黄色で、何か涼しげです。



Q

変わってクイーン・オブ・サイアムですが、この種も毎日咲いておりますが、チョット朝寝坊ですので出勤前には開いてくれませんが、開き始めるとどこからか直ぐに蜂が飛んできます。まだまだ咲き初めですので、蕾が次から次へ上がっていますので長く楽しめそうです。


温帯種もまだまだ頑張って咲いています。

Photo_3 デンバーも今日は2輪咲ですが、綺麗な方を撮りました。
今年は例年以上に花の数が多くて楽しませてくれています。淡い黄色がバニラアイスクリームのようでとても美味しそうです。

Photo_4 温帯種はもうひとつコロラドが頑張って咲いていますので紹介します。やはり2輪咲きで春先の色より濃くて見ごたえがあります。コロラドは花の終わった後、花を切っておかないと自家受粉してしまいますので注意が必要です。メキシカーナを片親に持つ種類は自家受粉し易い気がします。放って置いて気がつくと蛙の卵のような種が秋口には発見されます。実生に挑戦するには絶好の種類ですが責任を持って育てて欲しいですが・・・・。

| | コメント (4)

2007年7月25日 (水)

サギソウ開花

Photo_190サギソウの今年の一番花が咲きました。大小の球根を9球ほど植えたのですが、芽が出たのが3球で上手く育ちませんでした。その内の一株が綺麗に咲いてくれました。
去年は中国産(銀河)でしたので球根も大きくて、とても丈夫で育て易かったのですが、今年は国産の球根を取り寄せたので、去年より成績は良くなかったようです。
Photo サギソウの栽培で注意する事は、水切れに気をつけることが一番で、次に鉄分を含んだ弱酸性(PH6.5位)を維持する事が大事です。その為、腰水に雨水を利用して育てて見ました。この腰水に金属片を加えて鉄分の補給をしました。
去年は花が終わり新しい球根が出来る時期に液肥を与えた為、枯らしてしまいましたので今年は肥料の添加をせずに水苔の栄養のみで乗り切ろうと考えています。

| | コメント (8)

2007年7月23日 (月)

十和田湖旅行(2)

番外編第二弾として今日は十和田湖周辺の植物の散策です。

Photo_184 これが猛毒で有名なエゾトリカブトです。葉、花、根、茎全てに毒があり世界のトリカブトの中でもトップクラスの毒の持主です。山菜狩りでニチリンソウと間違えて食べてしまう事故が起きています。

Photo_185 これがアキタフキといってこの地方では普通に見られます。大きくなると葉の直径50センチ以上高さも1メートル以上になり山菜としても重宝なフキです。奥入瀬渓流でも道端に普通に群生しています。

Photo_186

続いてはトクサの群落です。トクサは、昔煮て乾燥させ開いて板に張りヤスリとして使っていたそうで、漢字で書くと砥草と書くように昔から細かくて繊細な作業の磨きの用途に利用していたようです。


Photo_187 次がヤグルマソウでとても綺麗な山草で生えている所には一面に広がっています。




Photo_188 続いてウバユリですが、花が咲くまでユリとは気がつかないほど地味なユリです。球根は食用にもされているようです。







Photo_189

最後に十和田湖の写真です。この湖は、2回の噴火によって出来た湖で、水源が豊富な湧き水の為、大雨が降っても水が濁らない透明度の高い湖です。ここから流れ出る川も奥入瀬川しか無くここが濁っても湖は透明度を保つ素敵な湖です。自然に恵まれ野鳥と生き物たちと山草の楽園です。いつまでも後世に伝えていって欲しいですね。

| | コメント (0)

2007年7月22日 (日)

十和田湖旅行(1)

7月21日(土)と7月22日(日)で十和田湖に旅行して来ましたので番外編ですが、紹介してみます。長時間座っていたのでとても大変でした。
1_29 奥入瀬渓流のさまざまな流れに緑のコントラストが調和して絶好の被写体になってくれました。
比較的流れが急になって流れています。


2_29 水面が鏡のように穏やかに流れています。





3_15

奥入瀬渓流の中では大きな滝で、曇りがちなうえに木々が覆ってしまっていて、暗いので上手く撮影出来ませんでした。


今日は、奥入瀬渓流を主にUPしましたが、2弾は十和田湖の遊歩道自然探索の際に撮った植物を紹介します。

| | コメント (2)

2007年7月20日 (金)

初夏の庭

Photo_180 サイジョウコウホネが勢いよく葉を展開しています。
しかし、花の咲く気配さえありません・・・・。もっぱら観葉植物として綺麗な葉を眺めています。今年の開花は絶望的です。
何が原因なのか?肥料は与えているし、日照条件も完璧だし、株の状態もいいのに、後は花芽が出来るだけなのに・・・。
相性悪いのかな?

Photo_181 ホシクサも成長が遅いですが背丈が随分伸びてきました。隣の水苔植えの鉢には6月に入って同じホシクサの種子を実験の意味で蒔いたのですが、芽が出てきません。この種子は3ヶ月以上冷蔵庫で保存しておいたので、冬は経験している筈なのに・・・・・・・。やはり自然に任せて寒い時期の種蒔きがベストのようですね。


Photo_182 今年もサギソウを植えましたが3球しか芽が出なかったのですが、ようやく開花準備が整いました。もうすぐ鷺が飛び立ちます。



Photo_183 何かのキャンペーンでアサガオの種を貰ったので小鉢に植えておきましたが、ツルも延びてきたので大きな鉢に植え替えてみました。時期的に遅いのですが余り徒長しなくて好都合の気がしますが、どうでしょうか?少しでも花が咲けばOKとしましょう。

週末は女房と二人で十和田湖方面に出掛けてきます。雨女と晴れ男が出かけますので天気は曇りでしょうか? 忙しい旅になりそうです。

| | コメント (5)

2007年7月16日 (月)

熱帯睡蓮(ムカゴ)スタート

昨日は台風が過ぎ去り32度を記録しましたが、今日は梅雨空に逆戻りです。
今朝は女房に促されて、ビリーズブートキャンプ応用プログラムを初めて実行しましたが
キツイ、キツイ ・・・・。朝から汗びっしょでシャワーを浴びてホッとしております。
Q_5
昨日も雨の中咲いていたクイーン・オブサイアムですが今日が最終日で霧雨の中で綺麗に咲いております。
熱帯種は、あまり雨が似合わないようです。からっと晴れて陽差しが降り注ぐ中での鑑賞が似合っているようです。

Photo_177 続いて去年採ったムカゴから成長して、今年初開花のイスラモラダです。実は、去年調子づいてムカゴを採り過ぎて植え替えはしたものの収容する水鉢が無く、プラケースに放り込んで置いた株がここぞとばかり自己主張をして咲いていました。水鉢に収容した株は、まだ花芽を上げておりませんので咲くまで気がつきませんでした。
綺麗な藤色に白の斑点が目立ちます。

温帯種も負けておりません。
Photo_178 スノーボールが今期2度目の開花です。暑くなる前に良く咲いてくれました。この品種は毎年単発で花芽を出しますので、複数咲いた記憶が無いですね。

Photo_179 変わってアトラクションですが、葉がとても大きくなったと同時に花もとても大きくなり花色もとても濃くなり迫力が感じられるようになって来ました。

| | コメント (2)

2007年7月14日 (土)

Cry.ferruginea

Cry.ferruginea ”kelang”が仲間入りしました。
Photo_175
欲しかったフェルギのケラン産が入手できました。
フェルギの中でも葉幅が広くて魅力的なので、腰を据えて大きくしていきたいですね。
3号鉢に長繊維ピートモス、桐生砂、富士砂、培養土、で植え込みました。

Photo_176 この他にCry.cordata ver.grabowskii? ”Kotawaringin”も手に入れましたが、大変お行儀の悪い個体ですので、とても写真写りが悪いですがご容赦を・・・・・。用土は長繊維ピートモスのみで植え込みました。

| | コメント (0)

熱帯睡蓮シーズンIN

我が家の熱帯睡蓮もやっと開花しました。

Photo_174  
台風が接近していて強い雨の中、セントルイスゴールドが今年初めての開花です。

今年は皆さん早くから開花のニュースにちょっと羨ましかったのですが、晴れて仲間入りできました。久し振りの熱帯種の開花なので、とても新鮮な感じがしております。

Q_4 続いて明日には咲くと思われるクイーン・オブ・サイアムの蕾ですが、雨に打たれながらも逞しく空に向かって蕾をあげています。

| | コメント (6)

2007年7月 8日 (日)

バグダッドを頂きました。

愛好家の方から去年に引き続き今年もバグダッドを頂きました。
Photo_166

秋口にムカゴを頂いて大事に育てていたのですが、新芽が展開してきて肥料を追肥した所、根茎まで枯れてしまって・・・。
肥料焼けは早く気がつけば直ぐ植え替えられれば助かるのですが、忙しかったので駄目でした。
幸いに今年も頂きましたので新たな気持ちで頑張ります。


Photo_168 中々目の醒めない我が家の熱帯睡蓮の中で、ようやく花芽を上げて来たセントルイスゴールドです。今年の一番花はこれになりそうです。追肥も同時に施しました。


Q_3 次に花芽が上がってきたのが、クイーン・オブサイアムです。去年は観葉植物と化していたのですが、休養充分な為、今期は元気一杯です。



Photo_169

イスラモラダは、まだ花芽は確認出来ませんが、直ぐ花芽が出来そうな気がします。
ようやく大きな葉を出し始めましたので期待大です。



Photo_170

ティナは今シーズン始動が遅れています。まだ根茎の先に小さな水中葉が付いているのもありますが、早いのは浮き葉を展開し始めました。まだ小さいので水鉢に二株入れていますが、そろそろ移動しなければ・・・・。


Photo_171 我が家の熱帯睡蓮の中で一番勢いのいいサ・ーガラハッドです。動き出しは遅かったのですが、グングン成長して鋸葉も出てきてとても頼もしいですね!

| | コメント (4)

2007年7月 5日 (木)

ギボウシ(ホスタ)に花が咲きました。

ギボウシ(モールハイム)に花が咲きました。
Photo_162
数日前、奇妙な葉が出てきたと思っていたら花が咲きました。
下の花は前日の雨で傷んでおりますが次々に花が咲いてくれるでしょう。


Photo_163 フランシーにも花芽が出てきましたが、幼葉はショウリョウバッタの子供に齧られて無残な姿に・・・・・。草は食べられるように残しておいたのに 勘弁してよ!!




Photo_164 パトリオットにも花芽が出てきました。購入時より随分成長して葉の大きさが際立って目立ってきています。
中型と思って購入したのですが、大型に近いですね。




Photo_165 ゴールデンティアラも花が咲き始めました。
これは小型ですので、花の時期は玄関に置こうと早速移動しました。中々可愛い素朴な花です。

| | コメント (2)

2007年7月 1日 (日)

クリプトコリネ・ロンギカウダ

Cry.longicauda Sg Ensebang  がやって来ました。
Longicauda_1 僕にとって最初のロンギですので、用土はショップの配合のまま維持して、今の状態以上にしていく予定です。
ご覧の通り、新葉にブラウンの模様が入り始めて特徴が出始めたところですので葉数を増やして現地葉に少しでも近づけたいと思っています。腰水はピート濾過をしてPH5まで落とした軟水を使用しています。育成上の注意点は低PHの維持と温度管理と考えておりますが、これから気温が上がるにつれ換気扇、扇風機、フル稼働で凌ぐつもりですが、同時に蛍光灯の点灯時間を3時から10時に変更しました。ロンギの長い長い花を見てみたいです。

A5 ブラッシーの別の株が開花です。とても大きな花が咲きました。以前咲いた株は植え替えて4株に殖えました。安価の割りに丈夫で立派な花が咲きますのでお奨めのクリプトです。


花のアップですが綺麗でしょう!


A7

| | コメント (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »