« ホシクサの芽が! | トップページ | コウホネ »

2007年4月 8日 (日)

クリプトコリネ・ノリトイ

クリプトコリネ・ノリトイが仲間入りしました。

Noritoi6_2 カリマンタン タンジュンレデブ産で弱アルカリ性の特殊な環境に適応したクリプトですので、用土は桐生砂、富士砂、珪砂、それに苦土石灰を加え植え込みました。
弱アルカリを好むクリプトは他にアフィニスがありますが、気難しい面を持っていますので、注意して育てようと考えています。


Noritoi9 小株が2つほど付いていますので、親株の様子を見ながら独立の時期を見極めたいと思います。
ノリトイは現地では実生での繁殖が主なようですが、水槽栽培ではランナーを良く出して殖えてくれる様ですので比較的繁殖は楽に出来そうです。



P1010019 ストリオラータ(Sg Bintangor 上流)の種子を蒔きまして芽が伸びてきました。
これからが大きくなってくれないので課題が残りますが、楽しみに取っておきます。

|

« ホシクサの芽が! | トップページ | コウホネ »

コメント

アフィニスは特に気難しくて植え替え時は注意しないと一挙に調子が悪くなります。僕のも絶好調から消滅か?と言う経過をたどりましたが、徐々に回復しております。アフィニスは殆んどの株が人工繁殖の物ですので、もっと肩の力を抜いて挑戦されたら良いと思います。

投稿: gecko | 2007年4月 9日 (月) 05:50

どーも、s-nobです。
去年手に入れたアフィニスですが、桐生6:赤玉3:腐葉土1で配合したのですが、もはや消滅寸前です。
やっぱり私にはまだ早かったようです。
貴重な野性種で惜しい事をしてしまいました。
難しい種類は難しいですね(当り前ですかね)。

投稿: s-nob | 2007年4月 8日 (日) 22:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111190/14600168

この記事へのトラックバック一覧です: クリプトコリネ・ノリトイ:

« ホシクサの芽が! | トップページ | コウホネ »