« クリプトコリネ・フェルギネア(バウ産) | トップページ | ムカゴ種の植え替え »

2007年4月29日 (日)

熱帯睡蓮越冬状況

P_2 今日、熱帯睡蓮の越冬状況をチェックしました。
Pナカスは越冬に失敗するケースが多かったのですが今年は、無事に越冬して小さな芽が出てきました。

Photo_108 次がティナですがムカゴ種の特徴の低温に強い性質もあり無事に越冬成功です。もうそろそろ外に出したい所ですが、ぐっと我慢してもう少し温室内で様子を見ます。

Photo_109 次もムカゴ種のインディペンデンスですが、例年通り無事に春を迎えました。この株は去年ムカゴを採りすぐ越冬ですので心配しましたが無事に冬を越してくれました。

N これが越冬を初めての経験のNステラータでしたが、何事も無く越冬成功しました。水槽から出す時、別のランナーが切れてしまいましたが暫く水槽に浮かべておいて様子を見て植え込みたいと思います。

N_1 N・SPピンクはもう水槽内でとぐろを巻くほどに浮き葉を出していて他の熱帯種と絡み合っていました。もう、すぐ外に出したい所ですが朝晩の冷え込みが心配ですので、もう少し様子を見てみます。

S_1 最後にセントルイスゴールドですが、さすが強健種で、すでに暗い水槽内で浮き葉を出しておりますが、株の大きさに比べ葉柄が長いので多数の浮き葉がこんがらがってしまって外に出すのにも苦労してしまいました。

今日紹介した熱帯種は、温室で冬眠と言うより仮死状態で冬を越させた為、正規の越冬方法ではないので参考にはなりませんので・・・・・・・・。この方法で越冬に失敗したのが、サー・ガラハットの去年ランナーを育てて越冬に望んだのですが、徐々に葉を落として遂に永眠してしまいました。

他に常温で越冬した親株は全て越冬に成功して芽が動き始めて今年に期待が掛かります。

最後に越冬の方法として毎年工夫を凝らして実験していますが、去年の冬から今年の春に掛けて暖冬の影響で比較的成功しましたが、寒い冬だと失敗するケースが増えると思っていますが、どうなんでしょうか?

|

« クリプトコリネ・フェルギネア(バウ産) | トップページ | ムカゴ種の植え替え »

コメント

とんでもないですよー。
了解しました~。。

投稿: MASA | 2007年5月 1日 (火) 23:18

MASAさん

こんばんは。
お忙しい様ですみません。
宜しくお願い致します。


投稿: gecko | 2007年5月 1日 (火) 22:49

gecko様

こんばんは。
メールお送りしたんですが、
ブロックされているようで配信できませんでした。
バグダッドの件了解しました。
殺人的な忙しさの間をぬってお送りしますね。
(笑)

投稿: MASA | 2007年5月 1日 (火) 22:28

越冬に関しては毎年失敗が発生しております。(苦笑)多種類を一緒の水槽に詰め込んでしまうのも一因とは思いますが・・・。失敗するのに限って特に大事にしたい品種の事が多くて困ってしまいますね。部屋の高い位置においた株は失敗が少ない事が多いので温度が微妙に影響しているようです。

投稿: gecko | 2007年4月30日 (月) 06:23

うちには丈夫な種しかないですが、越冬できたかはいつも心配です。あまりたいした処置をしていないのもあって…(笑)。
個人的には暖冬だと楽になると思いますが、あまり気温が上下しないとよりいいかも?

投稿: わるとん | 2007年4月29日 (日) 22:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クリプトコリネ・フェルギネア(バウ産) | トップページ | ムカゴ種の植え替え »