« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月29日 (日)

熱帯睡蓮越冬状況

P_2 今日、熱帯睡蓮の越冬状況をチェックしました。
Pナカスは越冬に失敗するケースが多かったのですが今年は、無事に越冬して小さな芽が出てきました。

Photo_108 次がティナですがムカゴ種の特徴の低温に強い性質もあり無事に越冬成功です。もうそろそろ外に出したい所ですが、ぐっと我慢してもう少し温室内で様子を見ます。

Photo_109 次もムカゴ種のインディペンデンスですが、例年通り無事に春を迎えました。この株は去年ムカゴを採りすぐ越冬ですので心配しましたが無事に冬を越してくれました。

N これが越冬を初めての経験のNステラータでしたが、何事も無く越冬成功しました。水槽から出す時、別のランナーが切れてしまいましたが暫く水槽に浮かべておいて様子を見て植え込みたいと思います。

N_1 N・SPピンクはもう水槽内でとぐろを巻くほどに浮き葉を出していて他の熱帯種と絡み合っていました。もう、すぐ外に出したい所ですが朝晩の冷え込みが心配ですので、もう少し様子を見てみます。

S_1 最後にセントルイスゴールドですが、さすが強健種で、すでに暗い水槽内で浮き葉を出しておりますが、株の大きさに比べ葉柄が長いので多数の浮き葉がこんがらがってしまって外に出すのにも苦労してしまいました。

今日紹介した熱帯種は、温室で冬眠と言うより仮死状態で冬を越させた為、正規の越冬方法ではないので参考にはなりませんので・・・・・・・・。この方法で越冬に失敗したのが、サー・ガラハットの去年ランナーを育てて越冬に望んだのですが、徐々に葉を落として遂に永眠してしまいました。

他に常温で越冬した親株は全て越冬に成功して芽が動き始めて今年に期待が掛かります。

最後に越冬の方法として毎年工夫を凝らして実験していますが、去年の冬から今年の春に掛けて暖冬の影響で比較的成功しましたが、寒い冬だと失敗するケースが増えると思っていますが、どうなんでしょうか?

| | コメント (5)

2007年4月21日 (土)

クリプトコリネ・フェルギネア(バウ産)

クリプトコリネ・フェルギネア(バウ産)の調子が良くないので植え替えをしました。

Photo_106 フェルギネア軍団の中で唯一調子の出ないバウ産ですが、鉢から取り出してみると、やはり根の張りが良くなくて、ひょろりとした白い根が申し訳なさそうに付いている状態でした。
この鉢にも粒状培養土を主体にした配合でしたので、ドクターソイルに20%位の苦土石灰を加えて植え込みました。ランナーも出ていましたが、全て切り落とし元株の建て直しに全力を注ぎます。


Photo_107 調子の悪いクリプトの中で唯一絶好調なのがブラッシーで艶のある丸葉を展開しています。ランナーも調子よく育ってきてもう少しで独立出来そうなくらいになっています。葉柄が長くならずに丁度良い長さで、中々カッコいいです。皆このように調子よく育ってくれたらよいのにね!

僕の好きなストリオラータは、セララン産 以外は調子が上がらず根茎のみになってしまったものや、徐々に葉を落としている物まであって悩みの種になっています。
種子から育てているセララン産とサラワク州 Sg Bintangor 上流とカプアス水系 ミナミシンタン産は成長は遅いですが何とか育っています。セララン産の親株もそろそろ植え替え時期ですが、ロストを恐れて植え替え時期を延ばしていますがどうでしょうかね?

| | コメント (2)

2007年4月15日 (日)

我が家の庭

Photo_102 サギ草の芽が出てきました。まだ1つしか芽が出ていませんが、これから暖かくなるに連れて芽の数も増えてくると期待しております。今年も8月頃には飛び立つ姿が見れそうです。去年は腰水で栽培しておりましたが、浮船方式に変えたらとても管理が楽になりました。


Photo_103 冬に食べたりんごの種子(ふじ)を庭の片隅に蒔いておいたら忘れた頃芽が出てきましたので、鉢に取り上げました。成長がかなり早くてこの先の成長に期待がかかります。




Photo_104 ミニチューリップも賑やかに咲きました。
ハイビスカスのような花でとても綺麗です。
もうそろそろ終わりのようです。




Photo_105 今年もストロベリートーチ(クリムソンクローバー)が咲き始めました。茎がガッシリして花穂を沢山つけてくれました。

そろそろ春の花も終わりで秋に咲く花を計画しておりますが、第一候補はリコリスで管理が楽なのが僕に向いているので種類を決めて注文するつもりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月11日 (水)

コウホネ

冬の間ずっと成長が止まっていたコウホネが浮葉を出しました。
Photo_101
先日植え替えをして肥料を与えた所、浮葉を展開してきました。
去年の秋口に友人から頂いたコウホネですが、とても長い根茎でしたので切り詰めて二株にして植え込みましたが、大きな株に動きが見られました。
種類は花が咲いてみないと同定出来ませんが、コウホネ、サイジョウコウホネ、ベニオグラコウホネ、オグラコウホネのいづれかでしょうが浮葉が水面より上がってくる状態、つまり抽水状態になれば コウホネ、サイジョウコウホネと推測が出来、この2つの違いは柱頭盤が赤ければサイジョウコウホネ、黄色ではコウホネと区別がつきそうです。またこのまま浮葉が水面のままだとオグラコウホネ、ベニオグラコウホネだと思います。この両者の見分けも前者と同じく柱頭盤の色で区別がつきますので花を早く咲かせて種類を特定したいですね。気候もこれから良くなるので、急激な成長を期待したいです。
楽しみ、楽しみ・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月 8日 (日)

クリプトコリネ・ノリトイ

クリプトコリネ・ノリトイが仲間入りしました。

Noritoi6_2 カリマンタン タンジュンレデブ産で弱アルカリ性の特殊な環境に適応したクリプトですので、用土は桐生砂、富士砂、珪砂、それに苦土石灰を加え植え込みました。
弱アルカリを好むクリプトは他にアフィニスがありますが、気難しい面を持っていますので、注意して育てようと考えています。


Noritoi9 小株が2つほど付いていますので、親株の様子を見ながら独立の時期を見極めたいと思います。
ノリトイは現地では実生での繁殖が主なようですが、水槽栽培ではランナーを良く出して殖えてくれる様ですので比較的繁殖は楽に出来そうです。



P1010019 ストリオラータ(Sg Bintangor 上流)の種子を蒔きまして芽が伸びてきました。
これからが大きくなってくれないので課題が残りますが、楽しみに取っておきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月 1日 (日)

ホシクサの芽が!

ホシクサの芽が出てきました。
Img_0804 一番早く蒔いたホシクサが最初に発芽しました。
次に蒔いて水槽で育成している株は、どうも失敗だったようですので水槽から戸外へ移動しましたが、芽の出る気配も感じられません。僕の予感では水槽で育成の株が一番早く芽を出すと思っていましたが、残念です。予想に反してミズゴケに蒔いた種は、これ以外にも次々小さな芽が展開しております。これからどんな成長を見せてくれるか楽しみです。

Img_0667_1 秋口に咲いてしまったスミレですが、春の陽気に少しづつですが咲き始めました。このスミレが咲き始めると我が家でも本格的な春がやってきます。


Img_0784 たぶんですが、アリアケスミレだと思うのですが自信がありません。(笑) とても可愛いので大好きなスミレです。今年は株を更新しないと枯れてしまいそうですので、種を採って実生に挑戦します。

スミレは花が終わったら植え替えが待っています。この時期しか植え替えが出来ませんので仕方ないですが・・・。

Suisen3 水仙も綺麗に咲いてくれました。



今日で温帯睡蓮の植え替え完了しました。後は熱帯種が待っていますが、暫くは楽が出来そうです。温室の下段にて越冬中の睡蓮は暗い中でも葉を展開して凄い事になっております。





   

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »