« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月31日 (土)

温帯睡蓮の植え替え

温帯睡蓮の植え替えをしました。
P1010003_5
今年は暖冬の為、新芽の動きが早くて写真はアトラクションですが、すでに花芽を出しています。この花は我が家では毎年一番早く開花するので早めに植え替えをしたのですがもうこのような状態です。






P1010006_2 毎年思うのですが、用土の赤玉土を練るのがとても重労働で腕と腰がパンパンになってしまうので、簡単に練って使える用土を販売して欲しいですね。
現在市販されている用土は粒が大きくて肥料がすぐに溶け出してしまい水がすぐに青汁状態になってしまうので注意が必要です。

大変でも良く練った土は使い勝手が良くて睡蓮の生長にも差が出てきます。

今日は、アルバ、アトラクション、デンバー の各鉢を植替えたのですが、水がとても冷たくて6鉢目でギブアップです。残りは明日か来週にする予定ですが、どうなる事やら・・・・。

今年の用土は、赤玉土と芝の目土の混合で練りこみました。去年は横着して芝の目土だけで植え込んだ鉢もありましたが、粘りが無い為、肥料の流出が問題でしたので、今年は赤玉土を多く入れ粘りが出るように注意しました。



| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年3月28日 (水)

クリプトコリネ・ストリオラータ

クリプトコリネ・ストリオラータ の調子の出ない株の用土を替え植え替えました。

P1010002_3 カリマンタン ミナミシンタン産のストリオラータですが、粒状培養土との相性が悪くて気になっていましたので、”ドクターソイル”のみで植え替えました。根茎と根は大丈夫のようで安心しましたが、完全復活には時間が掛かりそうです。







P1010003_4 こちらは、ナマン産のストリオですが、これも粒状培養土をお気に召さず新芽さえも展開してくれません・・・・・。幸い根茎と根は元気そうですのでご機嫌を直してすくすく育って欲しいです。     

ストリオはとても好きなのですが、立ち上げが難しくて本調子になるまでとても時間が掛かってしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月24日 (土)

春の庭

ようやく我が家の庭に春がやって来ました。

2_18 秋に植え込んだムスカリが綺麗に咲きました。
花は綺麗で良いのですが、葉は地面に寝転がってしまうので雑草のようで、引っこ抜きたくなります。




6_1 アップ してみましたがどうでしょうか?
予想以上に大きくなってしまい、可愛さが余り感じられなくなってしまいました。一生懸命肥料を与え過ぎました。(笑)




8 これも秋に植え込んだイフェイオン(ハナニラ)です。
肥料過多のため大きな花になっています。
手入れの楽な球根を植えたため、雑草抜きと日々の水遣りのみで管理がとても楽です。



10何処からともなく種子が舞って来て庭の片隅に根付いたスミレを秋口に鉢に取り上げたのですが、可憐な花が咲きました。名前は分からないけど素朴さが良いですね。

他にチューリップ(ミニ)や水仙も植えたのですが、開花までにはもう少し時間が掛かりそうです。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年3月21日 (水)

フェルギネアに花芽が!

フェルギネア(カンポンバヨール)に、ようやく花芽が出来ました。

P1010001_3  僕自身、フェルギネアの開花は初めてですのでとても嬉しいです。株分けしたり花芽が出来たりと親株の消耗が激しいので開花が終わったら植え替えしようと計画してます。

と言うのも最初に植えた粒状培養土が何かマッチしていない気がしているのと葉先が微妙に溶けてしまうので用土を換えて様子を見てみます。

P1010002_2

花芽のアップですテールが長くて全部が映りませんので中途半端な気がしますが・・・・・・・・。

次の小株が出て来ましたので、余計に親株の消耗が心配になってしまいます。

P1010003_3


花芽を確認してここまでは1週間位ですが、開花まで後どれ位掛かるのでしょうか?

ベストの用土配合を考えてみますが、果たしてお気に召してくれるでしょうか? 




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月17日 (土)

クリプトコリネ・スワイテシー

Cry.thwaitesii (ヤーラ) が遂に根茎のみになってしまいました。
1_15
我が家に来た時はこれから良くなるだろうと期待していた株なのですが、日に日に葉が落ちてしまって無残な姿になってしまいました。
購入当時にすぐ植え替えた粒状培養土がお気に召さないらしくて立ち直る気配さえありませんので、処分しようと根茎を掘り出したら、まだ根が生きているようでしたのでそっと用土を桐生砂・富士砂・ヤシガラ土・ピートモスの混合で植え込みましたが、果たして芽が出てくるのでしょうか? 

スワイテシーは先日”スワイテシー1998”を入手しましたので、今度は失敗しないように慎重に植え込みました。今の所、順調のようです。スワイテシーはデバラウェア産が絶好調で大きな葉を展開していますので、このまま大きく育って欲しいですね。

”スワイテシー1998”はまだ小株ですので、これといった特徴も無いですが今後の成長を期待して画像を載せておきます。                                   
2_17* 心の中読まれていますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月11日 (日)

クリプトコリネ・アンナミカ

Cry.annamica (Pleiku) の小株を入手しました。
Annamica アンナミカ はベトナム プレイク産で艶のある緑の葉が綺麗なので購入しました。

育成は比較的易しいようですが、夏の高温が苦手ですので注意が必要です。 用土は水苔で我が家にやって来ましたので、落ち着くまでこのままで様子を見てみます。

ベトナムのクリプトでよく知られているのがアンナミカの他にCry.ベトナムエンシスが有りますので、良い株があった欲しいですね。

テレビで見たお遊び:みえますか?   僕は見えました。(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月 8日 (木)

クリプトコリネ・パルバ

久し振りにC.パルバの登場です。
水中葉をいきなり水上栽培に切り替えたのですが、びくともしないでドンドン大きくなりました。
1_14 この画像が植え替えた当時(2006年6月3日)の物ですが、用土をココピートのみで植えてみましたが、珪砂植えや培養土植えよりはるかに成績が良いようです。



2_16 草丈も3倍位になり株数も増えて益々元気になっています。水中栽培から水上栽培はとても簡単なのですが、反対はやはり初期の溶けは避けられないと思います。水中ではとても小さくて繁殖速度も遅いようですが、水上栽培にすると葉の色も綺麗で繁殖も容易なクリプトに早変わりします。クリプト初心者の方にお奨めです。


3_12 小株の方も沢山殖えて賑やかです。

肝心な花がまだ上がってきませんが、そろそろ見せてくれても良さそうですが・・・・・。


*先日パリジネルビアが一気に調子を壊した為、フルーツの中の良さそうな種子を取り出し蒔いてみましたが、失敗だったようです。 残念でした。 同時に植え替えた株も調子が悪くて1株は枯れてしまいました。残る1株も調子悪そうにゴネています。

*調子の悪い株があれば、中には幸運な株もあります。それはCry.striolata(Sg Bintangor上流)のフルーツが萎んでしまい急遽、種子を取り出し蒔いたのですが、今日見たら糸のような葉が発芽していました。先は長いですが、ゆっくり育ててみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 3日 (土)

早春のクロッカス

もう春ですね! 黄色のクロッカスが咲きました。
Photo_100

今年は暖冬でしたが、やはり冬は庭に咲く花の種類も限られてしまって寂しかったですが、
ようやく春の兆しが感じられ、我が家の庭でもクロッカスが咲き明るさが戻ってきました。

クロッカスの背景に顔を出している四つ葉のクローバーがストロベリートーチという花で去年の春も咲き種を保存しておき秋に蒔きました。花はもう暫く先になりそうです。
その横に植えてあるムスカリは花穂を出し初めていて、かすかに藤色が覗いています。
これから本格的な春に向かって庭も徐々に彩りを増して楽しみが増えます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »