« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月28日 (水)

クリプトコリネ・ピグマエア

クリプトコリネ・ピグマエア の小さい株ですが、ようやく動き始めました。
Photo_99我が家に来た時は、すぐに枯れそうな株でしたが順調に成長し始めました。
産地は不明です。用土はとりあえず水苔のままですが、徐々にココピートに換えていくつもりです。鉢も近日中に素焼き2.5号に入れ替えます。小さな花を見てみたいです。腰水はPH6.5にしていますが、もう少し下げる予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月24日 (土)

クリプトコリネ・ストリオラータ(Bintangor)上流

Cry.striolata (Sg Bintangor)上流 の採集株に付いていたフルーツが上がってきました。
F

二つ付いていたフルーツの大きな方が伸びてきました。

開烈はもうすぐかも?

ストリオは種が出来て蒔いても中々大きくなりませんので株数が増えません。何かコツがあるのでしょうが、難しいです。ひたすら待つことにします。少しづつ大きくなっているようですが、ゆっくりゆっくり成長しています。

*今日見たら開烈前に倒れてしまいまして急遽フルーツを開き種子を取り出し蒔いてみました。種子はセララン産と比べると小さくて丸かったです。芽を出してくれれば良いのですが・・・・。 倒れた原因は昨日行った腰水の替水が原因でしょう。大事な時期に替水は止めとくべきだったんですね!(反省)  2/25(日)追記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月19日 (月)

Cry.aff.ferruginea "Sanggau-Bonti"

Cry.aff.ferruginea "Sanggau-Bonti" もタイミングよく手に入れました。
__2

ランナーが出ているので独立できるようでしたら、早めに切り離す予定です。

用土は、セラミックサンド、富士砂、桐生砂、ピートモス、粒状培養土、を混合して植えつけました。

次に欲しいのが Cry.sp ”Sekadau”のグリーンタイプとブラウンタイプですが、安く手に入れたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月17日 (土)

Cry.sp.Muarateweh

Cry.sp.Muarateweh を入手しました。

Muarateweh_1
最近、フェルギネアやイデイィ似のクリプトに興味が湧き集めていますが、緑の大きな葉がとても綺麗で癒されます。この”Muarateweh”も中々手が出なかったのですが、ネットで落札できましたので良かったです。
用土は桐生砂、富士砂、粒状培養土、ピートモス、の混合で植え込みました。
立派な株ですのでグズル事は無いとは思いますが、やっと手に入れた株ですので状態良く栽培してランナーに期待したいと思います。花も今年中には見てみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月15日 (木)

クリプトコリネ・イデイィ

12月30日に導入したクリプトコリネ・イデイィが急激に大きくなっています。
1_13
新しい葉が出るたびに古い細身の葉が枯れて、まるでフェルギネアのように幅が出てきて迫力が増しました。
名札を忘れると間違うほどの成長振りです。





4_3 ←導入時の画像と比べても分かるように細身の葉がとても印象的です。



2_15 葉数は減っているようですが、迫力のある姿で楽しませてくれています。



3_11 フェルギネア軍団の中でも引けをとりません。

中央前列の幼株はイデイィですが、もう少ししたら親株のように迫力が出るかな?

この水槽は、腰水を先週PH6.5にして今日は苦土石灰を加えてPH7.2にしてフェルギネアの好むPHにしたので、少しイデイィには辛い設定値かもしれませんが、丈夫さではイデイィに軍配が上がりそうなので我慢してもらいましょう。

緑の綺麗なフェルギネアを収容しましたので、とても明るい水槽になっています。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月12日 (月)

ヒゴスミレ

近くの園芸店で可愛いスミレを買ってきました。
1_12
名前は”ヒゴスミレ”です。
早春に咲く白い小さな花がとても素敵でしたので、仲間入りしました。




2_14 葉を見るとスミレとは思えませんが、花を見るとやはりスミレの形をしています。





3_10 春菊の様に葉が細かく分かれています。
蕾が沢山付いているので、暫く楽しめそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月10日 (土)

フェルギネア(カンポンバヨール)

フェルギネア(カンポンバヨール)の親株の傷みが激しいので子株を切り離しました。
Photo_97
PHを6.5にしてみたのですが、葉先から溶けてきてしまうので、おもいきって株分けをして4株を育成水槽に投げ込みました。
用土は下から桐生砂、粒状培養土、ピートモス、化粧砂に芝の目土で植え込みました。小さい株ですが大きく育って欲しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アヌビアス・クレウツンドッペル

しばらく空回ししていた水槽が寂しいので”アヌビアス・クレウツンドッペル”を導入しました。
A
GURA社の最新のアヌビアスで細身の長葉に長い葉柄と場所は取りますが、上品な雰囲気が漂います。

Photo_98 600*450*450の水槽に3.5号鉢に植え込み水槽に投げ込みました。これから徐々に水位を下げて水上葉にしていく予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 4日 (日)

クリプトコリネ・パリジネルビア  ピンチ!!

絶好調で花が咲き、フルーツも出来て後は開裂を待っていたパリジネルビアですが、突然溶け出しました。フルーツを触ってみると何かフニャフニャになっていたので手で裂いてみると種の殆んどが駄目になっていたので、良さそうな種を5粒回収して急遽種を蒔きました。
芝の目土に一つ目は蒔き。残りの4鉢は”種蒔きの土”に蒔いてみました。
親株は殆んど地上部は枯れて根茎のみとなってしまい、子株が2株ありましたので2株に分けて植え替えました。
突然の事でビックリしてしまいましたが、クリプターの間で囁かれている事が現実に起きてしまいました。”パリジは急に調子を壊すと”何処からとも無く聞いていたのに・・・・・・・・・。
変わった事と言えば、一週間前調子が良いので鉢の片隅に”タケダのエドボール”を一つ置いた事位ですので、これが悪かったのかも・・・・・。? 
残りの子株が無事に育ってくれたらいいのですが・・・。根は余り張っていませんのでチョット心配ですが、頑張ってもらう事にしましょう。 実生の5鉢も育ってくれるように祈りましょう。 
クリプトは子株が出来た時や、花が咲いた時、フルーツができた時、注意をしなければと、しみじみ感じました。 (反省) 今日は突然の事と慌てていた為、写真を撮るのを忘れていました。(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 3日 (土)

クリプトコリネ・アフィニス(グラ便)

クリプトコリネ・アフィニス を植え替えてから調子を落として最後の葉が枯れてしまうと思っていたのですが、ここにきてやっと復活の気配がしてきました。
Photo_96
植え替え前は7株に殖えていたのですが、実験の為、2株はヤシガラ土に植えてみました。 結果は酸性土壌に適応できなくて枯れてしまい、3株は水中にいきなりドボンしましたが、順調に育っています。残りの2株がいつもの珪砂に植えましたが、日に日に葉を落とし最後の1枚になってしまいましたが、小さいながらも新芽が展開してきました。一時は もう駄目かなとも思いましたが、後は時間が解決してくれそうです。

Suityuuafinisu4

* 水中葉を展開しているアフィニスです。

植え替えはメリットとデメリットがありますので、今後慎重に対処していこうと考えています。

フェルギネア(カンポンバヨール)が順調でしたので、大きな水槽に移し光量(600*450*450の水槽に20w2本)をあげて様子を見ていたら、葉の先から溶けてきましたので腰水のPHを測ってみたらPH4.3まで下がっていたので慌ててPH6.5に調整しました。
PHが原因か、水槽の湿度の問題か、光量過多なのか分からずチョット心配です。
子株が殖えると親株が調子を崩すようです。まだ株分けできる大きさに達していないのでもう少し様子を見るしか方法は無いのですが・・・・・。子株はとても元気です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »