« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月28日 (日)

クリプトコリネ・ストリオラータ

Cry.striolata (Sg Strass)
マレーシア サラワク州 のクリプトです。

01282_3 新産地のクリプトで、丸葉系で可愛いです。僕の買った方は、グリーン系ですがブラウン系も同時に入荷したようですが、両者で明確な違いは発見できません。とりあえずストリオのグリーンタイプが好きなので入荷後すぐ入手しました。用土は、粒状培養土とピートの多めに入った培養土の混合で植え込んでみました。調子が出るまで時間が掛かりそうです

Cry.striolata (Sg Bintangor上流産) 

01286_1 こちらもマレーシア サラワク州 のクリプトです。上記のクリプトより上流にて発見されたようですが、根があまり張っていない為、立ち上げには苦労しそうです。用土は上記のクリプトとほぼ同じ配合ですが、底に桐生砂を入れてみました。


01288_1 ストリオのタイプは長葉系で色はブラウンで、虎斑が濃く綺麗に出ていてセララン産に良く似ています。今回の株にフルーツが大きいのと小さいのがひとつづつありますので、また実生の実験が出来そうですので、とても楽しみです。
腰水は2センチでPHをとりあえず6.5にしましたが、この先成長に最適なPHを探っていこうと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月21日 (日)

ホシクサの種蒔き(第二弾)

ホシクサの種を蒔きました。
_01212_1 前回はミズゴケに蒔きましたので、今回は同じ6号鉢ですが用土は芝の目土に発酵油粕を底に入れて蒔いてみました。赤土はPH6.5位を保ってくれるので最適だと思って蒔きましたが、発芽するでしょうか?今回の種子は寒さにあまり当てていないのでさてどうなるのでしょうか?




_01213_1 この鉢を温室で栽培しているクリプトコリネと同じ腰水でいち早く発芽させようと言う魂胆ですが、思惑通りに上手くいくのでしょうか?
腰水のデータですがPH6.3で水深3センチでタイマーにより午前10時より午後8時までPGランプ(20w)一灯を点灯しています。少し光が弱いかな?と思っていますが、発芽したら追加する予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月20日 (土)

クリプトコリネ・ストリオラータ

クリプトコリネ・ストリオラータ(セララン産)が週に一度ぐらいの間隔で咲いています。
Photo_95
開花モードに突入したストリオですが、一向にフルーツは出来ません。
前回はケトルを開いて受粉させてみましたが、失敗に終わりました。こんな立派な株になったのに残念です。

水中に入れないとフルーツが出来ないのかな? 親株はこれしか無いので、いきなり水中にドボンは考えてしまうし・・・・・。 どうしようかな?

後は、偶然に期待するしか方法が無いみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月19日 (金)

ホシクサの種蒔き (第一弾)

去年頂いたホシクサの種を蒔きました。

P1010003_2
 

ホシクサは冬の寒さを体験させないと発芽しない種類が有るとの情報に急遽、冷蔵庫で保存しておきましたが、皆さんのブログやHPを見ると種蒔きのベストシーズンの様ですので、まず第一弾に腰水栽培法でサギ草の栽培法に似たミズゴケに種を蒔いてみました。

鉢は6号の素焼きの浅鉢にミズゴケを詰めて小さな種を蒔きまして、8号の水鉢にPH6.5の水を溜めてこの中に収容しました。
上手くいって発芽は4月下旬頃になりそうですが、これからの気温によって左右されそうですが、失敗しても成功しても良いので楽しみに春を待ちたいと思います。
第2弾は用土は何にするか楽しみながら考えておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月17日 (水)

サギ草 (植え込み)

去年綺麗に咲いたサギ草ですが、その後花が終わって与えた液肥によって枯れさせてしまいました。去年はHCで苗を買って育てたのですが、今年は球根の植え付けからスタートです。
1_11 農園の方より球根を10球取り寄せて早速植え替え決行です。とても小さい球根ですが、無事育ってくれるでしょうか?






2_13発泡スチロールの箱に底の方より割り箸で穴を開けます。
この時、底から内部に向かって穴が広がるように開けます。間隔は5センチ位でよいと思います。





3_9 底から3センチ位ミズゴケを入れて、その上に球根を並べ又その上に1センチ位ミズゴケをかぶせて植え込み完了です。このケースを一回り大きなケースに浮かべて後は春を待つだけです。これから寒くなって氷も張るけど大丈夫のようですので、陽のあたる南向きのケースに収容しました。

浮かべるケースの水はPH6.5ぐらいの弱酸性が良く育つようです。水道水を直接入れると生育に支障が出ますので注意して下さい。それと肥料は与えずミズゴケの栄養だけで育てるのが良いようで、去年の僕のように花の後、新球ができるので、少しの液肥をやってしまい、枯れてしまう事の無いようにくれぐれも注意して下さい。ミズゴケだけで充分のようです。

このような浮船式栽培で、ホシクサも立派に育つようですので、参考にしてみてください。この時もPH6.5を守る事が重要な要素になりますので、水道水を直接入れないように注意して立派な花を咲かせてください。

4_2 最後に去年我が家で咲いてくれたサギ草の花を今年も咲いてくれることを願って貼っておきます。




| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年1月13日 (土)

クリプトコリネ・スワイテシー

クリプトコリネ・スワイテシー(デバラウェア産)
__1       栽培を始めた当時は小さな緑の葉が数枚でしたが、ここに来て赤のラメがのって来ました。
今年中に開花してくれれば良いのですが・・・・・。

この後、ヤーラ産を買ったのですが、まだ調子が出てこない状態で新しい葉が出ると古い葉が枯れてしまったりで、根が充分張るまで暫くこの状態が続きそうです。でもいじり過ぎないように注意してます。


クリプトコリネ・ストリオラータ (ミナミシンタン) の鉢の移動をした際に、株元に種が有るのを発見しました。チョット臨時ボーナスのような嬉しい気分になりました。もちろん大事に採取して大切に大切に植え込みましたが、果たして育ってくれるでしょうか?種の先?からは白い根がほんの少し出ていたので期待してしまいますが・・・・・・。 にこっ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 4日 (木)

クリプトコリネ・フェルギネア(カンポンバヨール)

Cry.ferruginea が絶好調です。
1_10 カンポンバヨール産の株ですが、葉の幅が出てきて中々良い株に育ってきました。
入荷時は細めの葉でしたが、今では綺麗な緑の葉で存在感がかなりあります。この株でフェルギネアが好きになって他の産地の物も欲しくなってしまいました。

2_12 ランナーも出てきて繁殖も期待できそうです。弱酸の腰水に用土は、粒状培養土にアマゾニアの混合で植え込んでいます。状態も良いので子株が大きくなったら株分けが楽しみですが、花芽は上がってきませんので、もう一つの楽しみはもう少し先になりそうです。

色んなクリプトを見てきましたが、僕の好きなクリプトは葉柄が短くてグリーンの強いタイプや葉が厚めのタイプが好みです。
今後、フェルギネアとストリオラータとスワイテシーが主力になりそうな予感がします。
株が増えるにつれ水槽の数も徐々に増えてきてクリプト水槽だけでも600*450*450が3本600*300*360が3本300*300*300が2本170*170*170が3本と他にプラケース数本にもなってしまいました。クリプト水槽は密閉できる蓋が必要の為、ガラス蓋も特別に注文しなければならないので大変ですが、これからは繁殖に重点を置いて栽培していきます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年1月 1日 (月)

謹賀新年

Img_0443_1

今年も宜しくお願い致します。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »