« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月30日 (土)

サー・ガラハッド 鉢上げ

サー・ガラハッドのランナーが育ってきたので、冬越し前に鉢上げをしました。

Photo_66

今回は、いつも使う小粒の赤玉土に変えて、marigoldさんから教えてもらった芝の目土”を使って植え替えをしましたが、とても練りやすくて楽チンでしたので、お奨めです。

Photo_68 ランナーが2株採れましたので、4号鉢にて植え替え、寒くなる前には根を充分に張って無事越冬を成功して欲しいですね。花は今シーズン一度しか咲かなかったけど、子株は殖えたので良しとしましょう。

Sdn サンタレン・ドワーフニムファは順調に水上葉を展開しておりましたが、ここの所の冷えで葉が紅葉してしまって、室内にそろそろ移動しなければと考えていますが・・・。中々綺麗に紅葉しました。

Photo_69 メイポイも順調に水上葉を展開して、もう直ぐ鋸葉が出そうですが、寒くなってしまったので期待薄です。今年は、冬が早くやってきそうな気配がします。

Img_0559 7/22 に小さなムカゴを採って大きくしていた株(イスラモラダ)に花が咲きました。ほぼ2ヶ月で初開花が見られました。熱帯種の驚異的な成長振りには驚かされます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月23日 (土)

ムカゴの成長

ティナのムカゴガ成長してきたので、鉢上げしました。

Photo_62 先にムカゴを採ったイスラモラダは、後少しで小さい花が咲きそうです。ティナは、遅くなってムカゴを採ったのでやっと鉢上げ出来ました。これで冬越の準備も整いましたので、出来るだけ大きな株に仕上げたいと思っています。

Photo_64 今期初導入のサ・ーガラハッドは1回しか開花してくれませんでしたが、ランナーが少し出来ましたので、もっと大きく育てて独立させます。

1_7 この時期、毎年卵を産みに来るツマグロヒョウモンです。今年はもうスミレの葉が幼虫に食われてしまい、全く無い状態ですが、何度目かの産卵に来たようです。もう幼虫の餌が無いですよ!

Photo_65 これがタテハチョウの仲間のツマグロヒョウモンの幼虫です。スミレの葉が殆んど食われています。

Img_0597 ツマグロヒョウモンの幼虫が蛹になりました。

10/1(月)追記

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Cry・フェルギネア

クリプトコリネ・フェルギネア(Cry. ferruginea)が仲間入りしました。

Photo_61

サラワク州・カンポン・バヨール産の綺麗なクリプトを手に入れました。現地でも開発により減少しているクリプトですので、大切に育てたいと思います。

2_10

しっかりした葉が付いているので、比較的栽培は楽に思えますが、これからの時期は徐々に寒くなってきますので特に気温に注意して湿度の調整、肥料など考えながら大きくしてみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月20日 (水)

夜咲きSPピンク今期最後の開花

夜咲きSPピンクがラストを飾りそうです。

Img_0487_1 

今シーズン最後と思われる夜咲き種のSPピンクが開花初日を迎えました。今回は自力でスムーズに開きました。花弁に前回あった切れ込みが無かったのが、幸いしたのかも知れません。

Img_0477

夜間撮影は、まだ下手ですね。もっと沢山撮って上手にならないといけませんね。

Img_0482

前回の花は、初日から花粉が沢山噴いていましたが、今回はそうでもないようです。

今年初めて夜咲き種に挑戦しましたが、充分堪能させて頂きました。春先の低温に始まり中々上がらない気温を気にしながらの栽培でしたが、愛好家の方々に助けられてとても楽しい睡蓮ライフを送らせて頂きました。皆さん有難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月17日 (日)

シーズン最後のデンバー

デンバーが、今年初めての二輪咲です。

Photo_59

今シーズン最後と思われるデンバーが仲良く咲きました。若干の肥料切れがあり、花は小さいのですが、とても可愛い花が咲きました。

Photo_60 ティナは相変わらず良く咲いています。色も盛夏の時よりブルーが濃くなり見ごたえがあります。今年はムカゴを4株ほど採りましたので、冬越しの準備もOKです。

S セントルイスゴールドも連日咲き続けてくれています。今日が最終日ですが、次の蕾が出番を待っています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年9月16日 (土)

秋の気配Ⅱ

日の出も遅くなり、熱帯種が開花しても見られない日が続いていましたが、今日は休日でユックリ見られましたが・・・・・・。

Sgold 開花している種類は少ないですが、まずはセントルイスゴールドです。開花し始めて花が途切れる事無く次々と蕾をあげています。まだまだ蕾は健在ですので、晩秋まで楽しめそうです。

Sd サンタレンドワーフニムファですが、やっと調子を上げて水上葉を展開して来ましたが、多分、今シーズンは時間切れとなりそうです。場所を取らないので大きな水鉢を置けない方にもお奨めです。

Sdup 植え付けの時、緑一色で小さかった葉に斑点がでていい感じになっています。アップで撮ると大きく見えますが、3センチ程しかありません。

室内から外に出すと、強光に順応できなくて、暫く成長が滞りますが、斑点のある葉を出し始めたらもう大丈夫です。

Pink_1 夜咲きSPピンクも今シーズン最後?の蕾を上げましたが無事咲いてくれるでしょうか!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 9日 (土)

憧れのクリプトを手に入れました。

クリプトコリネ・スワイテシーが仲間になりました。

Photo_54 欲しかったクリプトコリネ・スワイテシーをやっと入手出来ました。 スリランカ ・デバラウェア産の小さな株ですが、状態は凄く良いのでジックリ育てます。この鉢が2号鉢ですのでイカに小さいか想像がつくと思いますが、自分自身思い入れの強いスワイテシーですので、気長に大きくしていきます。

Photo_55

クリプトコリネ・ブラッシーも同時に仲間入りです。オリエンタルファームの野生に近い株で、とても大きくてバランスが悪いですが、徐々に水槽サイズになってくれると考えています。

残暑もそろそろ終わりクリプトにとって最適な季節が来るので、もう直ぐシーズン終了の睡蓮に替わって楽しみたいと思っています。

夜咲き睡蓮を追加しました。

Photo_57

                                    N・ステラータをラインナップに加えました。まだ輸送のダメージがあり、今シーズンの開花は無理ですが、来期に向け地下茎を大きくして我が家の環境に慣れてもらいたいと思いましてシーズン終盤ですが、あえて導入してみました。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2006年9月 8日 (金)

マンカラウボン

マンカラウボンが今年最後の花?をつけています。

Photo_50 今の時期は、冬越しに備えてそろそろ肥料を少なめに押さえる時期ですので、若干肥料切れがあるのか花の色が理想の色になっていないのですが、仕方ないです。でも 花の大きさは充分で盛夏時と変わりありません。今年も良く咲いてくれました。

Photo_51 インディペンデンスは、連日ピンクの花を咲かせています。今年は親株を、越冬に失敗してしまいムカゴからの育成で株が大きくないので全くムカゴが出来ないので、越冬が少し心配です。

Photo_52 ティナは親株とムカゴからの生育ですが、両株ともムカゴが出来てきましたので、数株余分に作って冬に備えます。今年も次々と花をよく付けてくれました。

Photo_53 シオカラトンボが蘭の鉢にとまりました。そういえば、今年は天候の不順のせいでしょうか、ヤゴから羽化の様子を観察出来ませんでした。毎年数匹の羽化を観られるのですが・・・・。ちょっと寂しいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年9月 3日 (日)

熱帯夜咲きの競演

夜咲きSPピンク(3日目)とプライド・オブ・ナカス(初日)が同時に咲きました。

1_6

ナカスの蕾です。

2_8

SPピンクの蕾です。

3_6 ナカスが開き始めました。

4_1 SPピンクも負けずに開き始めました。↓

5_2 ナカスが中心部を除き、開花しました。↓

6 SPピンクも初日のアクシデントを乗り越え開花です。

夜咲き種は、今日のナカスもそうですが、初日から花粉を出すようです。昼咲き種は決して初日は花粉が出ませんが、夜咲き種は何か初日から花粉が出るのは当たり前のようです。勉強不足でした。自家受粉しないのでしょうか?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年9月 2日 (土)

SPピンク 奇跡の復活!

昼間の暑さでもう駄目と諦めていたSPピンクが復活していました。

1_4 あんなにダメージのあった花弁ですが、復活は無理と思っていたのですが、夕方には咲く前の蕾の状態になっておりましたので、もうぼろぼろだと思いましたが、どの程度の花が咲くのか興味があったので見に行った所、な なんと 普通の二日目の咲き方で驚いてしまいました。

2_5 花弁の痛みさえ感じられない見事な咲きっぷりです。昼咲き種では到底考えられない状態からの復活で夜咲きの力強さに触れたような気がしました。

3_5 蕾に花弁が収められる時、ある程度元気が戻る気がします。本当に不思議な生命力でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

SPピンク  朝

熱帯夜咲きSPピンクの朝の表情です。

1_3 朝日を浴びて輝いていますが、昨日ほぐして全開になったはずが・・・・。初日ですので仕方ないですね。水鉢を大きくした甲斐があったようです。

2_4 

あれ!初日の筈なのに雄しべから花粉が出ています。確かに一昨日は咲いていなかったのを確認しているのに・・・・。もしかして咲けなくて一日が過ぎてしまったのかな?

3_4 アップして見ましたが、雄しべに花粉が付いていますね。

とても不思議です!誰か謎を解ける方、宜しくお願い致します。

P1010008_1 そして、数時間後の姿です。陽が昇り暑くなっても花弁を閉じる事が出来なくて、萎れてしまいました。待ちに待った開花でしたが、数時間のドラマでした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年9月 1日 (金)

夜咲きSPピンク

夜咲きSPピンクが今シーズン初開花です。

Img_0325_1

今シーズンの熱帯夜咲き種は、サー・ガラハッドに始まりプライド・オブ・ナカスが咲き、そして最後にこのSPピンクが咲いてくれました。この睡蓮も愛好家の方からの頂き物です。

Img_0337_1 今日はいつもより帰りが遅かったのですが、初日と言う事もあるのでしょうが開きが悪かったので、少し手伝って写真に収めました。ナカスの赤に比べても味のあるピンクでとてもステキです。

Img_0332 中心はまだ開ききっていませんが、これから開いてくれそうですが、とても真っ暗い中、蚊に刺されながらでは辛いので、明日の朝ゆっくり撮影します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »