« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月28日 (水)

今年最後の温帯睡蓮咲きました?

今年最後の温帯睡蓮が咲いているようです・・・・。と言うのも咲く時間が盛夏の頃に比べ遅くなった為、平日に花を見られません・・・・したがって今日は蕾のUPです。(苦笑)

P1010003 マンカラ・ウボンです。蕾の大きさも盛夏時と殆んど変わりません。開花3日目で、今日でおしまいです。

P1010005 次が、アトラクション 今日が初日になるか明日が初日か微妙ですが、今までは出勤前に咲いてくれたのに・・・・・・・・・・。

P1010002 土曜日の今日、最終日に間に合いました。花は来年の春まで見られません。 10/1(土)追記

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年9月25日 (日)

ペンシルベニアSP

ペンシルベニアSP (自家受粉実生) が根詰まりで葉が小さくなってきたので植え替えをしました。 去年分球した1センチ程の根茎でしたので、3号鉢に植えたままでしたが、良く花を咲かせてくれました。鉢から出すと子球(1センチ)が4球下についていたので一つはアクアリウムの中へ沈めて置き、残りは隅にあるタッパーに放って置きました。

P1010002 別の根茎ですが、この位の状態でした。芽は出ていませんでしたが・・・。

P1010003 一週間後に見たらこんなにも成長して葉が沢山出ていましたので、急遽大磯に肥料を加えて鉢上げしました。驚くほど成長が早いです。

温室内に入れましたので、寒くなっても成長してくれるでしょうが、大きくなると置き場所にチョット困りそうです。今は、180*180*180の容器に収容しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月23日 (金)

ムカゴの鉢上げ(インディペンデンス)

P1010001 水面に伏せていた葉のムカゴが大きくなったので鉢上げをしました。前回より1週間経って親葉も痛んで来ましたが、根が伸びてきたので大丈夫でしょう。

P1010002 もう一方のムカゴも親葉の痛みが激しく溶けない内に、鉢上げです。これからゆっくり寒くなってくれれば根茎も大きくなるのですが・・・・。

P1010003 赤玉土を練って底に肥料を少しだけ入れて3号鉢に植え込みました。越冬の準備も考えて、年内の成長分の肥料分のみを施肥しました。無事来年の春に目覚めてくれるでしょうか?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年9月19日 (月)

ティナ (30センチ水鉢)

去年の小さいムカゴからようやく咲いた別のティナです。

05091910 このムカゴは去年、陽のあたる戸外で越冬したもので、半ばあきらめてましたが、水上葉を出してからはアット言う間に開花しました。

0509191 このティナは、3号鉢で水鉢を10号(30センチ)でやっておりますが、中々綺麗に咲いてくれました。この位の鉢で育つと場所の面でもかなりのメリットがあり、一般の方にもお勧めできます。来年は10号水鉢で育成できる種類を少し重点的にやって行こうと考えております。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年9月18日 (日)

睡蓮鉢に集まる素敵な仲間たち

今日は、睡蓮鉢に集まる虫たちの紹介です。

                                            1 これはイチモンジセセリで何処にでも居るセセリの仲間です。秋口になると特に多く見られます。

2次がオンブバッタで庭先でも普通に見られます。おんぶしてもらっている小さい方がオスで、めすはおんぶしたまま移動します。おすは楽ちんです。

3

次は、インディペンデンス に寄って来たナナホシテントウムシです。とても綺麗ですが、撮影はとても大変でした。

4

次が、  クイーン・オブ・サイアムの水鉢で今日羽化しましたアキアカネです。羽化して羽を乾かして飛んで行きました。また来年おいで・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年9月14日 (水)

突然アルバが・・・・・。

0509131 温帯睡蓮の開花は終わったと思っていたら、突然葉の間から真っ白な花が咲きました。何か得した気がして、今年最後の花を撮影しました。春と違って何か淋しげな感じがします。

0509132

また来年も綺麗に咲いてくださいね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年9月10日 (土)

ムカゴの成長

インディペンデンスのムカゴが成長しました。

0509102 葉を裏返して一週間後の画像です。先に根が出てきて少し葉も出始めました。

0509101 こちらが丁度二週間後の別のムカゴの様子です。このムカゴは、葉ばかり育ってまだ根のような物が出ておりません。やはりムカゴによって個性があるみたいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年9月 7日 (水)

ティナ初開花?

0509071 休眠中で中々覚めなかったティナが、やっと今シーズン初開花しました。熱帯種は、今年ドウベンを初めクイーン・オブ・サイアムと不調で困っており、肥料を追肥すると肥料あたりして葉の変色や成長不良等、数々の困難の中でようやく開花しました。開花した株は、去年のムカゴで冬の間温室内の水槽の中で冬を知らない株でしたので、春先に外に出したら休眠してしまって・・・。やはり冬は経験させた方が良いみたいです。この株の親は相変わらず水中葉のままで、いじけております。

0509072 変わってインディペンデンスは、本来の色と大きさを表現し始めて絶好調です。ムカゴも殆んどの葉につき「趣味の園芸」増殖法も実施中ですが、水温が下がって来たせいか、多くの方に比べると成長はやや遅いかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年9月 4日 (日)

温帯睡蓮シーズン終了

0509041 デンバーも今年最後の開花です。温帯種のシーズンが終わりを迎えました。沢山あった蕾もこれが最後、葉もだんだん小さくなり冬の準備です。肥料も今日から入れず冬に備えます。

0509043 今シーズン一番綺麗に咲いてくれたアトラクションです。今日が初日なので色が薄いですが、明日には真っ赤な色に染まってくれるでしょう。ご苦労様でした。

0509042 今シーズン一回しか咲かなかったスノーボールが最後の蕾を付けていますが、なかなか蕾が大きく成らないですが、果たして咲いてくれるでしょうか?この花が咲くと本当に”綺麗”の一言です!

*やはり蕾は、腐ってしまいました。残念です! 9/11(日) 追記

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年9月 1日 (木)

インディペンデンス⇔クイーン・オブ・サイアム

インディペンデンスが開花しました。花の色を比べると全く同じで区別がつきません。強いてあげるなら、花弁がインディペンデンスの方が多い位でしょうか・・。葉を比べれば一目瞭然ですが・・・。

P1010012 これがインディペンデンスの花です。花弁の数が、幾分クイーン・オブ・サイアムに比べると多い位です。両方共今日が開花初日で(8:20)開ききっておりません。

P1010017 こちらがクイーン・オブ・サイアムです。差が分かりますか?花色では見分けが全くつきません。

P1010011 これがインディペンデンスの葉です。斑点がごく僅かではありますが確認出来ます。

P1010004 こちらがクイーン・オブ・サイアムで、葉は明らかな違いが分かります。

両方ともムカゴ種なのにインディペンデンスはムカゴが出来やすいのにクイーン・オブ・サイアムは出来難い等の特徴があります。

まだまだ花期は長いので、それぞれの特徴を観察して見ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »