« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月29日 (水)

ペンシルベニア初開花!

小さい葉が浮上してあっという間に葉が大きくなりついに開花です。熱帯種は、本当に開花するのが早いですね。これから毎日花を見れるかな?今日は、出勤前に開き始めを慌しくデジカメに納め、帰宅直後少し暗くなってしまいましたが何とか撮影出来ました。主思いのペンシルべニアでした。

P1010001   

通勤前のショットです。  

* 水は青汁ですが、調子は上々で~す。

P1010004 

帰宅直後のショットです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年6月28日 (火)

睡蓮の水耕栽培?

P1010021   写真のアルバですが、綺麗に咲いてるでしょう?実は、このアルバは土の無い水鉢で次々花芽を出しています。

春先に植え替えの為、根茎を適当に切り、残りを水鉢に放り込んでいたら其処から芽を出し、土に植えた株より調子が良い様です?まるで睡蓮の水耕栽培じゃないですか。これを機に、別の株(少し小さい)で実験しておりますがこれも順調に育っておりまして意外な展開に驚いております。偶然とは言え新たな栽培法が見つかったのかな?(おおげさな!)

P1010020

*誰かこの様な経験をされた方や他人と違う栽培法をされている方のご意見お待ちしております。

* 水耕栽培で9/1までやってきましたが、株の成長が良くないので鉢に植え替えました。一時的に根茎が蓄えていた養分で花が咲いたようです。残念ですが実験は中止しました。  9/20(火) 追記

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年6月25日 (土)

ニューギニアSP(スポッテッド)

P1010003  先日、東京の友人から仮称ニューギニアSP(スポッテッド)の子供5匹を頂きました。1.5センチ位のやつが2センチ~2.5センチになったので今日やっと写真に収めることが出来ました。(動きがすばやくてピントがずれてしまいました。)600*450*450の水槽2本で各2匹と3匹で飼育していて共食いを心配しておりましたが、今の所大丈夫ですが、いずれは単独にしなければと思いながら、シェルターを枯葉や流木・陶器製筒と多めに入れ飼育しております。15センチ以上に育つと思われ、楽しみに育てていこうと考えております。

P10106251

アルバーティシーより大きくなるかな?画像は今我が家で一番大きなアルバーティシー(雄)です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月22日 (水)

レイディケリ・ロゼア

Image013 やっと咲きました。レイディケリ・ロゼアが今シーズントップを切って咲いてくれました。今年は植え替えをせずに放置しておいたら、いつもより葉が小さめですが花は例年並みで場所も取らず、なかなか良いですね。プラ舟の70センチ位に5号の浅鉢に植えたのを5つ並べておりますが、葉はもう縦横無尽にプラ船の中を駆け巡っております。(笑)毎年、もっと早く咲くので今年は春先の低温が影響したようです。

Image010 * こんなに葉が重なり合っています。

レイディケリ・ロゼア の商品名で買ったけど、もしかしたらレイディケリ・フルゲンス ではないかと疑問も感じております?ロゼア程花つきが良くない気もしますが・・・・。(ただ栽培が下手なだけかな?)素人では区別がつかないので仕方ないですね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年6月20日 (月)

クリプトコリネ・アフィニス

今日は僕の大好きなクリプトコリネ・アフィニスについて書いてみようと思っております。僕が熱帯魚を始めた当時(今から40年以上前)アフィニスに出会い、夢は水槽をアフィニスで一杯にしてみようと考えて随分水中栽培を試みたが、ことごとく失敗の連続で調子の良い時は見事な姿になるのだが、水換えや施肥時や蛍光灯の交換時等のわずかのショックですぐトケテしまい水上栽培に切り替えた経緯が有ります。今は、アフィニスはドイツ産(何処のファームか忘れてしまいました。)ですが、買った当時より大きく育っているので一応合格かな?まだまだ改良の余地は大部ありそうですが・・・・。(笑)

P1010009 *画像は、プラケースに移して撮影しました。

今の環境は、60センチ水槽に腰水4センチ位で鉢土は珪砂で底には骨粉入り発酵済鶏糞少量入れて照明は自然光まかせで蛍光灯の点灯無しでPH7.5の弱アルカリを保っております。アフィニスの現地の水質を調べると弱アルカリと書かれているので今までPH5位を目標にしてきましたが、思い切って弱アルカリにしたら今までより良く育つようになって来たようです。この水質が一概に良いとは断言できませんが今までよりは良い気がしています。誰かCアフィニスを上手に育てている方がいらっしゃったら教えてください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年6月19日 (日)

伊豆美味い物ツアー【中年夫婦編】

P1010004 6月18日(土)伊豆半島戸田に、美味い物ツアーに出掛けてただ今戻りました。清水港からフェリーで土肥まで船旅でしたが、波が無いのに揺れて久し振りの船酔いの為、顔面蒼白で気持ちが悪くて最悪の状態、隣はグウグウ爆睡中・・・。良く寝ていられるな? 何て考えていると土肥港に着きまだ気分が優れない中、ナビを設定して戸田に向かいました。目的地の民宿(いおり) http://www2.ocn.ne.jp/~m-iori/まで最新のナビにまかせ運転したが、民宿が見つかりません。こんな筈では無かったのだが宿に電話して何とか到着。その夜の夕食が豪華で、海の手長えび(名前不詳)始めイサキ・まぐろ・カマス・イカ・アジ等数々のお刺身のおもてなしに満足してお腹は満タンで苦しい位でした。暫く休んで宿の主人の勧めで、温泉(一の湯)へ出掛けましたが、歩いてすぐの様でしたので暗い道をとぼとぼと歩いて行きました。ローカルな近所の人達が仕事帰りに立ち寄る温泉でしたが、すごく温まり汗が一向に引きませんでした。この日は早めに寝て明日は修善寺虹の郷に行く予定です。

P1010028 6月19日(日)は宿を10時に出て、修善寺虹の郷に着きまして花菖蒲が今が一番の身頃という事なので菖蒲園に向かいました。入園口から一番遠くの所に有るのでハアハアしながらも到着です。大勢の人達が立派なカメラをかかえて撮影しておりました。菖蒲を僕も、色々撮って来ましたのでご覧になってください。

疲れたけど美味しいものも食べたし、まっ いいか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年6月15日 (水)

庭の片隅に・・・・。

新居に移って3ヶ月程になるが、家の中も片付いていない状態で庭など手入れが行き届かず気になると草むしりなどしていたが、ここにきて夏草(雑草)の伸びが激しくメンテが追いつかない状態だ。ふと一角を眺めると何処から進入してきたのか小さな名前さえ分からない黄色い花が咲いていた。何かこの花が愛しく感じられ写真に収めて見た。忙しさにたまけて、心の余裕もない自分に気づいた・・・・・。

P1010001

そうだ!旅でもするかと思い早速、伊豆の宿を妻に探して貰ったら料理の美味しい宿が見つかり予約も入れ、急遽 今週の土曜日の午後に出発する事に決定しました。清水からフェリーで土肥まで行き戸田の宿に泊まり帰りは陸路でのんびりドライブの予定です。リフレッシュしてまだまだ頑張るぞ!!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年6月11日 (土)

ミステリークレイフィッシュ

P1010005 ミステリークレイフィッシュの初入荷の時、東京の友人から何か変わった?ザリが入荷したよと聞き繁殖を狙ってみようと思い、Pr揃うの?の問いに それが雌ばかりで雄が見つからないんですと言われじゃあ 僕今回見送るよと電話を置き数ヵ月後、雌のみで繁殖したよとの事。まさか !よかったら子供分けてもらえるかな?てな事で飼育を開始しました。この子供を一つの水槽(5匹)に入れTL3センチ位の時初めて繁殖できました。この時僕は、数匹の中の一部が繁殖時雄の役目を果たすと思っていたので、この子供を親から離れた直後にプラケースに単独で隔離しました。その後、やはりTL3センチ位になると抱卵しましたが、まさか雌が単独で孵化するとは思っていなかったので、やけに小さいくせに抱卵するなあ?と思っていたのでその内かびてしまうと内心で思っていました。なんとこの卵が孵化し子ザリが生まれてきました。今では雌のみで孵化させるなんて殆んどの方が知っているけど、その当時は、本当にビックリしました。

P1010003

今だこのミステリーの種類を同定出来ておりませんがアメザリSPでOKです。ミステリーはミステリーのままが似合いそうですね。

写真のミステリーは、去年の暮れ家に取り込まず実験の意味で戸外で飼育していた個体で、無事寒い冬を乗り越えて元気に育っているザリ君です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 5日 (日)

我が家のリクガメ

P1010002 今日は、我が家の古株リクガメに登場してもらいます。まずはエロンガータリクガメです。分布はインド北部、中国南部、マレー半島、ネパール~インドシナ全域 です。家に来た時は甲長10センチ位で、もう10年以上飼っております。(何年か忘れてしまいました。)今は、甲長28センチになっています。とても飼い易いリクガメで飼い主の顔も覚えて、果物が大好きで、りんごの時期になるとりんごの皮ばかり食べて喜んでいます。果肉は、糖分が多くカメには余り良くないみたいです。好き嫌い無くとても可愛いです。ちなみにもう一匹おりますが二匹ともオスで以前居たメスとの間で子ガメが産まれました。

P1010006 変わって次の登場は、南米原産のアカアシリクガメです。これも甲長10センチ位でしたが今は、甲長32センチにも育って温室に放すと僕の後を着いて来てとても可愛いです。10年以上飼っています。これはメスです。

その他にキアシリクガメ(オス)甲長30センチも飼っています。狭い我が家の温室で健康に育って動き回っていてアカアシリクガメと同居していますがとても仲良しです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年6月 4日 (土)

クイーン・オブ・サイアム

P1010004  今日は予定通り熱帯睡蓮の植え替えをしました。特にクイーン・オブ・サイアムは、ご覧の通り鉢の上に根茎を出し、下には子供を付けていました。

去年の12月の末から長い冬越しで家の中の水槽でこの時を待ちわびていた様です。さあ、今年も綺麗な花を咲かせてくれる事でしょう。

他にティナとドウベンも植え替えまして、いずれも複数の子供達が誕生しておりましたが、もうこれ以上睡蓮鉢を置くスペースが無い。家族もまた親父の病気が始まったと言われそうなので好きな人にお土産としてとっておこうと思います。今、家に遊びに来たらス○○○を差し上げます。 (笑)

P1010006

それともう一つ暖かくなって来たのでクリプトコリネももう少しコレクションしようと画策しており、今日は60センチ水槽をセットして来たので僕の一番好きなCアフィニスかCフスカあたり狙っております。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年6月 2日 (木)

熱帯睡蓮

昨日の残業で少し腰が重く歳を感じてしまう自分が怖い。一体、体力は50才を過ぎると急カーブで落ちていってしまうのか?何かが違う・・・・。

まあ考えても仕方ないから予定通り週末は、熱帯睡蓮を植え替えようと思っているが天気はいいのかな?去年は、ティナ・ドウベン・クイーンオブサイアム(全てムカゴで繁殖)が春から秋まで次々に花がきれる事無く咲き続けてくれて楽しませてくれました。今年は、気温が上がらず熱帯種はかなり成長が遅れているようだ。全種類が無事に寒い冬を部屋の水槽の中で耐えここにきて小さな葉を出し始めています。P1010005

熱帯睡蓮は、一部の種類がムカゴで繁殖して寒さにも比較的適応力もあり、また株もあまり大きくならず庭の睡蓮鉢で育てるには最適だと思います。このムカゴ種は、葉から子供が出てやがて大きくなり独立します。花も比較的小さめですが鉢を大きくすれば素敵な花が咲いてくれますよ。今年は引越ししてよく陽の当たる場所に睡蓮鉢を置けるので期待しているのに僕の留守中にムクドリか鳩が先日植え替えたアルバの葉っぱを殆んど食い千切ってしまい花芽が出るか心配しているのですが鳥が来ることは自然環境が良いと言う事なので複雑な気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »